カテゴリ

〜初の子育てしてみ〜ひん?〜


旧ブログカテゴリへ

世界一周してみ〜ひん?
↑   ↑   ↑
2013年から1年かけて
夫婦で世界一周に挑戦しました。
旅慣れていないわたしたちの
様子はコチラからどうぞ!



1日1回のクリック
してみ〜ひん?
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周後・体験談へ にほんブログ村 子育てブログへ


〜 カレンダー 〜
(記事の更新日)

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

スポンサーリンク

月別アーカイブ



最近のコメント

しめじの出産(きちゃない話)

2016.01.21 Thursday  

 今日は1歳半検診に行ってきたので
その話を書こうとブログ作成画面を開いたら

手が勝手に違う話を書こうとする。

おいおいどうしたっていうんだい
さちこの10の指たちよ。


『今日は1歳半検診でした、81センチ11キロ!
(中略)
これからあっという間に成長しちゃうんだろうな・・・』


っていういつものフェードアウトでオチに持っていく感じの
ブログ
を書こうとしていたのに
どうしてこの指たちは勝手に動くのか。


仕方がないので進めます、
タイトル『しめじの出産』

〜めっちゃキチャナイ話ですので苦手な方は注意〜

IMG_8365.jpg

ローランドはしめじが大好き。

きっかけは覚えていないが、
某かの味がついたしめじが大好き。

そのフォルムが好きすぎて、パックを開封したばかりの
しめじを取り口に入れるほど好き。
※もちろん取り上げます

大人の煮物や炒めもののしめじを選んでは口に運び、
誰よりも先に具材のしめじを食べつくす。

現在ようやく16本の歯が揃ったばかりで、
もちろん繊維だらけのしめじを綺麗に噛み砕けるはずもない。

ちなみに咀嚼がまだまだ下手な上に
目の前にあるものを次々口に入れるので、
噛むどころか丸飲みばかりで、
時々おえっと詰まらせて吐きだすことも。


かと言って母さちこがスプーンを手に
ローランド様のお口へせっせと運ぶばかりでは
いつまでたっても成長しないので、
咀嚼しやすい適量はいつか覚えるだろうと、
本人にある程度任せている。


閑話休題。

『ローランド流しめじの楽しみ方』

1、軸を手に持つ → 傘(頭部分)を食べる
もしくは
2、軸を手に持つ → 丸ごと口に入れる

2の場合、丸ごと口に入ったしめじは
満足に咀嚼もされず飲み込まれる。

飲み込まれ、そして翌日のう◯ちに混ざって出てくる。

空前のしめじブームのある日、
う◯ち中のローランドが泣きながら
母さちこにすがりついてきた。

固いうん◯に苦しんで、
時に泣き時に顔を真赤にしながら
助けを求めてくるのだ。

残念さちこには何も出来ないのだよ、
そんな気持ちでローランドを前からそおっと優しく抱く。
ぎゅうっと抱くと便意がそがれるかと精一杯の配慮である。

そして苦しみの山場を過ぎた頃
ズボンを下ろしオムツを外すのだ。

ユーガッディッ、ローランド。よくやった。

◯んちを終えたローランドはやっと泣き止んで・・・

と、この日のローランドが
恐らくうん◯が終わったはずなのに泣き止まない。
どころか、寝転ばせるとまだ足を上げて苦しんでいる。

おしりがかぶれているのだろうか。

泣く理由がわからないので、冷たいお尻拭きで
おしりに付いたうん◯ょを拭う。
※うちはスパルタなのでお尻拭きは温めていません

と、う◯ちょの出入り口に、焦げ茶の
尖った石
がくっついている。



・・・石?

反射的にお尻拭きで突いたら
感触が柔らかかった。

あっ、これ、しめじの傘(頭)▼だ。

これは大変だ、
しめじが出入り口に詰まっている。

これは・・・分娩補助が必要か。

ここまで考えるのにおよそ1秒。
ローランドはもちろんまだ泣いている。

家には母さちこしかいない。
オペはさちこしか出来ない。

落ち着け落ち着け、
分娩に例えると逆子ではない状態だ。




この状態なら、新米さちこでも導けるのではないだろうか。

新たに1枚取り出したお尻拭き越しに、
▼部分を摘まむ。

OK、ロックオン。
あとは、胴体がちゃんとついてきてくれるかだ。

慎重に、一定の力加減でゆっくり引っ張る。

スルスルヌポーン。

幾分痩せたしめじが無事に出てきた。

ローランドも、気持ち悪い感触が
なくなったのか、しばらくして泣き止んだ。

よかった・・・よかった!!

無事に生まれた記念に写真でも取ろうかと思ったが
冷静に考えるとただのうんこなのでやめた。

そしてその後何度かしめじの出産は続き
しまいにはオットけんちも立ち会うことが出来た。

これもひとつの思い出になるかと思い
ブログにしたためた次第です。


教訓:良い子は小さく切ってから食べよう

IMG_8370.jpg
寝相が女豹。

 





1歳半目前、断乳からの卒乳が失敗した話

2015.12.19 Saturday  

離乳食開始時期こそ
あまり食べず、さちこを悩ませたローランド(仮)でしたが、

現在絶賛、食べ盛り!

IMG_7953.jpg
ありがとういか昆布

食欲に火をつけたのは、いか昆布混ぜご飯。
そこから始まって、昆布大好きに。

昆布といりこで出汁を取った味噌汁も好きで、
例の踏み台で炊事場に詰め寄り、
出汁を取ったあとの昆布を掴み食いするほど。

「味噌汁は濃すぎるので薄めてます」
と言いたいところですが
薄めずあげるときもあり・・・
※熱いときは氷をINして結果薄まる

大人が食べているものがうまい
とうとう勘付いたらしく、

さちこの食べている皿に手を伸ばし
大好きな し  じ をつまみ食い。
しめじは下からそのままこんにちは

その結果、デミグラスソースもホワイトソースも
チーズリゾットもばっち来い。
ええええ塩分過多ぁあああ

これだけ食欲旺盛なんだから
離乳がうまくいったんですねと思われがちだが
いまだ断乳も、まして卒乳も出来ていない。

ーこれまでの経緯ー

1歳2ヶ月
『周りが断乳しだしたな』
→周りに流されたりしないもんね、
と思いつつ断乳を超意識しだす

1歳3ヶ月
『なかなかご飯食べてくれんな』
→それ、おっぱい飲んでるからですよと保健師さんに言われる

1歳4ヶ月
『場所問わず乳を取り出そうとする破廉恥さに困る』
→知恵もついてきて服をめくったり首元から
乳首をつまみ出そうとしたりして超危険


等々、「そろそろ断乳したほうがいいのではないか」
という雰囲気がさちことローランドを包みだした。

そこで断乳を試みたさちこ、
数週間の間、おっぱいタイムになるとしつこくローランドに
「そろそろおっぱいバイバイせんとね〜」
「もう赤ちゃんじゃないもんね〜」
と飲ませる一方で言い聞かせ続けた。

時期的にまもなく1歳5ヶ月という頃。

秋になり、気候がよく昼間は公園遊びで
家にいないことも幸いして、昼間の授乳が3回ほど。
ひっきりなしに飲んでいた頃からすると、回数は減った。

ある日、急に思い立って、
昼間のおっぱいをあげなかった。

※ここから長い話のはじまりはじまり。


もちろんローランドは欲しがったが、
お茶を飲ませ、遊ばせ気を紛らわせた。

そのまま、夜、寝かしつけの授乳をやめてみた。

半日急に授乳をしなかったので、さちこの乳はもちろん張って痛かった
いつも通り夜中に起きたローランドに、ここぞとばかりに飲んでもらった。

翌日、日中ママ友宅に集まり遊んでいたら、
その間ローランドは全くおっぱいを欲しがらなかった。

あれ、これって卒乳簡単にできちゃうんじゃ・・・

おっぱいを欲しがらないローランドをよそに、
さちこの乳はまたも張ってきて、痛む。

「日中の回数を徐々に減らしながらじゃないと、
乳腺炎になっちゃうよ」

すでに断乳に成功したママ友たちが言う。
計画的じゃなかったのが悪かったらしい。

自分で搾乳してはみるも、しこりが残って痛い。
これまで長い間、子が上手に飲んでくれるから忘れていたけれど、
産後すぐはこんな風におっぱいが張って痛かったのを思い出す。

乳腺炎、、、今までならなかったのに、
今更なるのか・・・!

この勢いで卒乳するべきなんだろうか、
さちこの身体のために一時中断し、もっとじっくり時間をかけて
卒乳に導くべきだったんだろうか。


迷う母さちこに比べ、この日のローランドはすごかった。

1日おっぱいを飲まないまま迎えた夜。
またもおっぱいなしで、スムーズに寝た!

と思ったら、
布団の中で、グズグズ言い始めた。

グズりながら、さちこの胸元に手を伸ばす。
が、その手をすぐに引っ込める。

まるで、『あ、もうやめたんだった』
と気づいたみたいに。

あら、おっぱい欲しくないのかな?

そうこうするうちに、さちこの腕を枕にして
ローランドはうつ伏せで寝てしまった。

しばらくそのままの姿勢で見守る。

すぅ。すぅ。

完全に寝たな、そう思って、そーっと腕を抜いた。

すると。
「うぁあああん!」
途端に顔をくしゃくしゃに歪ませて起きた。

泣きながら身体を半身起こして、
さちこのパジャマを開けて、おっぱいを探していた。
いつもの、飲みたいときのやり方で。

「もう、おっぱいは今度くる赤ちゃんにあげよう。
ローランド、おっぱいバイバイしよう」


と自分で言葉にしながら、声が上ずった。

ローランドは、さちこに背を向けてまた、
ひっくひっくとしゃくりあげながら、うつ伏せで寝た。

涙が出た。

ローランドが、健気で。


ローランドが本当は何を考えていたのか
わからないし、理解してたのかもわからないけれど、
たぶん、これが卒乳なんだ。

今の出来事を一通りけんちに話しながら、
ふたりでローランドの成長を喜んだ。

そして、乳腺炎になるかもしれないけど
さちこもなんとか搾乳で乗り切ろうと、決意した。

その翌日である。

ローランドが、日中40度の熱を出した。

病院へ連れて行くと、喉が少し腫れているので、
風邪薬と熱さましの座薬をもらった。

高い熱で、はぁはぁ苦しそうにしているのに、
ローランドは飲み物を受け付けない。

しょうがないか、と、おっぱいを飲ませた。
ローランドは、もちろん飲んだ。

乳が張っていたのがウソのように、
1度の授乳で熱い痛みが楽になった。

そして、結局それを機に、
またおっぱいマンに逆戻りしてしまった。

むしろ以前以上に、頻繁にちょこちょこと・・・!!

結果、

現在食欲も旺盛だし
二人目の予定も急がないので、
自然卒乳する日まで、好きに飲ませることにした。

あのまま卒乳してたら、
けっこうな感動話になったんだけどな・・・と思いつつ、
今日も首元ダルダルの服でさちこは授乳をするのだった。






|<最近のページ << 次| 3/268PAGES |前>> 最初のページ>|