カテゴリ

〜初の子育てしてみ〜ひん?〜


旧ブログカテゴリへ

世界一周してみ〜ひん?
↑   ↑   ↑
2013年から1年かけて
夫婦で世界一周に挑戦しました。
旅慣れていないわたしたちの
様子はコチラからどうぞ!



1日1回のクリック
してみ〜ひん?
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周後・体験談へ にほんブログ村 子育てブログへ


〜 カレンダー 〜
(記事の更新日)

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

スポンサーリンク

月別アーカイブ



最近のコメント

前駆陣痛その後の身体の変化

2014.06.21 Saturday  
 引き続き眠りが浅いさちこですおはようございます!朝から更新って健康的なようでいて不健康・・・、いや、妊娠は病気じゃないからこれでいいのだ、基準がおかしいぞ自分。何かあっちゃいかんので、早速前回の続きに入ります。
*******************
前回前駆陣痛を経験し、同日定期検診へ。
そこから振り返ります〜。
にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ
******************


生理痛のような痛みの波に襲われた木曜の朝、
日が昇る時間には痛みも引き、少し眠って午前中に1週間振りの定期検診へ行った。

「こんにちは〜、どうですか体調〜」

早速、さばける女医さんが内診しながら声をかけてくる。
※あくまでもさちこの印象です。


ーそれが、夜中から朝張りが強くて、お腹を下したような、生理痛のような
痛みが続いて。多分、『前駆陣痛』かなと思うんですけど。


下腹部を押し、内診をしながら女医さんが答える。
「ああ、そうですね、前駆陣痛ですね」

やっぱり!!

やっぱりあれが前駆陣痛だったんだ!

定義は不確かながら、「陣痛に似て非なる偽物の陣痛」前駆陣痛。

これから毎晩続くのか、一度きりなのか
ネットで見たところ人によりけりなので
もう女医さんに質問することもなかった。

けど、陣痛って思って病院に電話しなくてよかった〜・・・。

一応痛みの最中陣痛アプリでカウントしていたのだけれど、
後の方は若干眠気が来て、
「陣痛中に眠くなることはない」と助産師さんが
話していたことを思い出し、安心して寝たのだ。

ーかくかくしかじかで、病院に電話するのはやめたんですぅ。

自分の判断が正しかったことを
ドヤ顔で女医さんにアピール
する。

「よく分かりましたね、陣痛って勘違いされる方多いんですよ」

どやぁああああ。

ただ、今回通常検査で、尿タンパクが2プラス・・・
かつ、血圧がちょっとずつ上がっている。
基準値内ではあるけれど、妊娠中毒症になりかけてるかも、と
いう話だった。

ー血圧とか、気をつけることありますか?

「いやぁ、もう産むだけですね!」

さっぱりした女医さんだ。むぅ、今更気にしないことにします。

子宮口は先週と変わらず1cmの開きということで、
赤子の様子も順調に推定体重3000gを超え、
羊水もまだ十分あるので、予定日まで様子見することに。

ーありがとうございましたぁ。


順調と言える定期検診を終え、
駅に向かって歩いていると、バイクに乗った男性に
後ろから声をかけられ振り返るとオットだった。

おお、心配して病院に来てくれたのかい。オットよ。

メールで既に伝えた女医さんとのやり取りを
バイクのエンジンを止めたオットに再度話す。

ー入院って言われなかった〜。そうなるかと思ったのに。

「おれは思わなかった。」

さちこが心配することは大概外れる、というのが
オットの頼もしい見解で、まぁ大体合ってる。

さすがにバイクに二人乗りでは帰れないので、
事務所近くのファミレスで待ち合わせをしてオットを見送る。

オットはずいぶん優しくなった。
出会った始めは、どちらかかというと冷たい人だと思っていた。

自分の輪に入った身内には優しいのかな、と
思えるような言動が仲良くなると見えて来て、
世界一周に挑み、色んな人に合って影響を受けたことで、
今では更に一回り優しく、頼もしくなった。

女性は、初潮を迎え、いつか妊娠し出産するだろうと
少しずつ親になる準備をする。
実際に出産を体験することで、ますます自覚は増す。


男性はそのきっかけがない。

オットに関しては、お腹の子のお父さんになる意識が
最初から高かったと思う。

産院へも積極的に同行して、知識がなくても自然とさちこを労ってくれる。

もうじき外に出てくる赤ちゃんよ。
あの人がお父さんでよかったね。

さちこも、あの人がオットでよかったって思うよ。

わたしたちって、ラッキー母子だなぁ!


・・・。


ってこれで美しく〆ようと思いましたが、
前駆陣痛を感じた次の日。

身体に変化が。

下腹部、普通のショーツを履くお腹のゴム辺りに、
縦に走る赤い線が出現していた。

に、妊娠線だーーーーーー!!!

妊娠3ヶ月からオイルでマッサージを(たまに)してたのに!!
ドイツで買ったヨーロッパの妊婦御用達オイルだったのに!!


妊娠線が、出来たー!!!
※喜んでいるわけじゃない。(T△T)←こんな感じ。

あの尋常じゃない陣痛に似た痛み。
確かに、膨らんだお腹が臨月に入り、目に見えて下がって来た。

そうか・・・ここが割れるのか・・・!

というわけで、妊娠線ケアをしている妊婦の皆さん、
臨月、または分娩時に割れるという噂は本当でした。

余談ですが妊娠線と前駆陣痛を友達にLINEで伝えたら
「わたしのときの前屈陣痛は〜・・・」と
新しい陣痛知識を頂きました。

え、前屈陣痛って、何。

最後まで読んでくれてありがとうございます!
友達とのやり取りで爆笑してもそれを後から
伝えるって難しいですよね。前屈陣痛、その場では超笑いました。
にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ





前駆陣痛、その時夫婦は。

2014.06.19 Thursday  
 おはようございます、朝一番の更新が9時過ぎって辺りで起床時間がバレバレなさちこです。今日は珍しく朝からブログ更新・・・というのも、昨日夜中の話を書くため。
ちょっとねじれた痛みのお腹を抱えながら、本題いってみよう!
******************
今日は妊婦ぽいブログになります、
じゃあいつもは何なんだ、気になる方は
過去のブログを読んで下さい☆ミ(←これ久しぶりに使った)
にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ
*********************


「明日は4時に起きるから」

いつも通りの就寝時間、12時半ころオットがアラームをセットして
そう言った。

ーえっ、4時?!

「そんでサッカー見てもう一回寝て、仕事で神戸行ってくる。」

ーよよよよ4時ぃ?

「スペイン戦があんねん。」

※現在サッカーW杯一次予選中です。


志村けんのだいじょぶだぁ
のくだりを知らない年下のオットに
「ごごごご五時?!」のボケを連発しても伝わらないので
諦めて布団に入ったのが1時前。

これまたいつも通りなかなか寝付かれず、
同様に眠れないというオットにマッサージをし(良妻ぶるやん)、
布団に入って・・・もう電気を消してるので何時か分からない。

オットは寝た。

一方さちこは、お腹が重たかった。

これまでにも、お腹が張るのはよくあることだし、
いわゆる『鈍い生理痛』的な痛みもちょこちょこあった。

トイレにいって、おしるしがないことを確認して
また布団に入る。

冷えたのかなぁ、今日はなんだかお腹が痛い。

眠れないからとスマホいじりをすると
延々眠れないことがさちこを対象にした調査で分かっているので
ただ横向きの姿勢で痛みを味わいながらお腹をさすっていた。

ーイテテテ・・・

口に出して痛いとつぶやいたりしてる間に、
アラームが鳴り、オットが起きた。

ーえ?もう4時?

オットがアラームを止めてもだえている。
おそらく、やっぱり眠いのでサッカー観戦を中止しようかと
けんちの中のリトルけんちと相談しているところだろう。

ーけんち、お腹が痛いの・・・。

「ん〜?」


比較的すぐ弱音を吐くヨメの言葉なので
オットはあまり気にしていないようだ。

ー多分、夜からずっとお腹が痛くて、寝てない気がすると。

自分でも、うとうとした記憶がない。
いつから痛かったのか、痛みが重かったのか
たまに痛みが収まったり継続的に続いているのか自覚がない。

だから、陣痛じゃないと思っていた。

が、けんちに痛いと訴えてから、
みるみるうちにお腹が硬く張り、痛くなって来た。

これは陣痛じゃないか?!

枕元のスマホをたぐりよせ、予め落としておいたアプリ
『陣痛きたかも』を起動させる。

陣痛きたかもボタンを押すと、そのボタンを押した
間隔が記録され、陣痛の周期が簡単に残せるアプリなのだ。

「え?陣痛来たの?」

ー分からん、初めてやし・・・こんなに痛いのが続くのはなかったよ。

言ってる間も腰と尾てい骨辺りが痛い。

お腹の中でローランドがにゅるっと動き、
動きを感じたと思ったら、カチカチに張る。その張りが、痛い。

繰り返す痛みは一度来ると10分続き、
少し遠のいてまたやって来る。1分で収まる時もあるが、
記録によると、間隔は15〜10分置き。

10分置きで1時間続いたら病院に電話って言われたな〜・・・、
じゃあまだか・・・っていうか噂の陣痛がこんな軽いわけないだろうし。

きっと陣痛はのたうちまわるくらい痛いもの、と
思っているので、これはいわゆる前駆陣痛だろうとけんちに言う。
それからは、お互い申し合わせたようにスマホで検索していた。

ちなみに検索ワードはお互いこんな感じだった。

『陣痛 始まったら』
『陣痛 分からない』
『陣痛 前駆陣痛 違い』

ええと、陣痛だった場合入院するんだよね、
ってことは入院道具・・・あ、この前水筒抜いたから入れなきゃ!

基本心配性のさちこ、すぐさまキッチンへ向かった。

そして水筒を入院セットに入れてから、
出かけることを想定して外用のゆるいワンピースに着替えた。

ああ、そういえば今日はオカンちゃんに頼まれてた
シフォンを焼いてたんだった・・・!
あれをオカンちゃんの出勤前に12等分に切らなくては!


となぜか色んな雑事を痛みの合間にこなし
「なぜ今それをやる」と
冷静なリトルさちこの声
を内側で感じていた。

思いつく限りのTO DOをこなしては、繰り返し布団に横になり
けんちに腰をさすってもらいながら、
結局アプリで1時間計測したが、間隔は短いものの
痛みが鈍いことと、なんだか眠れそうな気がして来たので
これは間違いなく前駆陣痛だと判断して、
スマホを手放し、寝た。

これが前駆陣痛だとして。

前駆陣痛は夜中に起こることが多いらしく、
一週間ほど繰り返す人もいるそうだ。

そしてうちの子ローランドはかなり気が利くらしく、
今日はこれから病院の定期検診なのだ。
※さちこが歯医者で治療の間動かないのもいい子の証。


相談出来ると思って昨日一晩耐えられたようなもの。
さて、どんな具合になっているんだろう。

ドキドキ!今もちょっとお腹が痛いよ!

最後まで読んでくれてありがとうございます。
余談ですが、今朝赤ちゃんが体内にいながら太ももまで下がって
「もう産まれるー!!」って言う夢を見ました。軽くホラーでした。
にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ





梅雨時こそ風呂敷!

2014.06.18 Wednesday  
 梅雨ですね、妊婦友達と待ち合わせして散歩しようと思ってたけど夕方雨なんだもんな〜仕方ないな〜!雨だもんね!・・・歩く気、あるんです。一応。図書館までは歩いたんです。徒歩10分だけど。

今日はそんな梅雨時に助かる超撥水風呂敷の話。
*******************
今日もブログを覗いてくれてありがとうございます。
気づくと予定日まであと10日切ります。
にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ
*******************


オットが一人働く事務所へ
12時前にお弁当を拵えて持って行くのがさちこの日課。

ちなみに出発時に、オット宛にLINEで連絡を入れる。
『お弁当マン、出動します!』

まぁ5分そこら歩くのに危ないことは何もないんだけど。
念のため。

梅雨に入った今月、まともに大雨を食らったことはないものの、
やっぱりポツポツと小雨に当たることがある。

そこで必須の折り畳み傘である。

ただ、出掛けに雨が降っていないときに
傘を持って行くような用意周到さは、さちこにはない。
転んで初めて足元を見渡すタイプである。

ここから本題。

プラスワンで、つゆ対策に用意したもの。それは、

『超撥水風呂敷』

オットが仕入れをしてネットショップで販売するようになって、
最初に気に入ったのがこの超撥水風呂敷だった。

※衝撃画像。水を溜めて、ぎゅっと絞るとシャワーになる。


撥水加工ではなくて、超撥水加工。
洗濯しても超撥水は変わらない!
※柔軟剤は使っちゃダメらしい。詳しくは『日本いいもの屋』サイトで。

そして、柄も迷って迷って、カジュアルな一枚を選んだ。

こういう柄。目が!目がーーー!!!

そして今日。

あっ!雨降ってる!

やっばーい!図書館に行かなきゃいけないのに雨降ってる!
図書館の本濡れたらまずいのに雨(しつこい)

で、風呂敷をさっと広げて
ご近所用バッグをくるっと包んでみた。

あっ!いいね!コレいいね!
オットと兼用出来るように、男の人が持っても良さげな柄にしたのだ。

風呂敷の表面を見ると、買いたての傘のように
当たった雨を粒で弾く姿が頼もしい。

普段は首に巻いて・・・って言うのには
一辺96cmとサイズ的に大きかったので、
次のお出かけからは畳んでバッグに忍ばせとくことになりそう。

図書館へ行って帰って、
すっきりしない空を見ながら

『今日合計30分しか歩いてないな』
と思いつつ梅雨に甘えたわがままボディを揺らし
帰宅したのだった。

明日は一週間振りの定期検診、
さて赤子のサイズはいかほどになったでしょうか。
そして、さちこのサイズは如何に。
今日計れよって?嫌です。

最後まで読んでくれてありがとうございます。
風呂敷の使い方じょうずになりたーい!

にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ





|<最近のページ << 次| 2/6PAGES |前>> 最初のページ>|