カテゴリ

〜初の子育てしてみ〜ひん?〜


旧ブログカテゴリへ

世界一周してみ〜ひん?
↑   ↑   ↑
2013年から1年かけて
夫婦で世界一周に挑戦しました。
旅慣れていないわたしたちの
様子はコチラからどうぞ!



1日1回のクリック
してみ〜ひん?
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周後・体験談へ にほんブログ村 子育てブログへ


〜 カレンダー 〜
(記事の更新日)

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

スポンサーリンク

月別アーカイブ



最近のコメント

正期産突入・・・で気になる’’おしるし’’のこと。

2014.06.13 Friday  
ここ数日、トイレに行くたび気をつけていることがある。

『おしるし』をチェックすること。

※妊娠事情に疎いオトンの為に説明しよう。
( ´ ▽`)ノ毎日読んでくれてありがとう。
おしるしとは・・・お産の兆候である。

もっと言うと、正期産に起こる粘液様の出血のことで、
内子宮口が開く際に卵膜との間にずれが生じて、
子宮頸管粘液と混ざって出て来るもの・・・だそう。


さて、女性はトイレ上がりに必ずティッシュを使う。
アジアでは水で流してました。あっちのほうが清潔なのか?

なので、そのティッシュをまじまじと見る。

ピンク色のものはついていないだろうか、と。
血が混ざった粘液、ということで、ピンク色がかっているらしい。

そういえば、

昔友達と話題になったことがあるのだが、
トイレ(大)を済ませ拭いたあとのティッシュを
見るか見ないか、という話
なのだけれど、
たいていの女子は「見るなんて汚い」と答えた。

果たしてそうか?

見ない方が汚いだろうがよー!!!
果たしてティッシュを見ずに拭き残しのチェックを
どのようにしているのか教えて頂きたい。


脱線してしまったので本筋へ。

夜中のトイレも同様で、特にお腹が張ることが多い近頃、
寝た姿勢から立ち上がるまでに、どことはなしに体が痛い。

「いてて・・・」なんてつい口に出してしまって。
特別どこがじゃないんだけど、
「どこか痛いの?」
と、隣に寝ているオットが寝たまま声をかけて来たりする。

立ち上がる時のよっこらしょーと同じものなのだけれど
眠れないアピールをしたいので
「なんか・・・腰?お腹とか痛いと・・・」などと言うが
寝ぼけているオットには全然効果がない。

そしてトイレへ。
相変わらず頻尿なだけで、尿量は少ない。
が、拭き終わったとき、いつも緊張する。

今こそ、ピンクの何かがついているかもしれない・・・。

で結局何にもついていないので
こんなにのんきにおしるしの説明をしているわけですが。

昨日に限っては、病院の内診で膣壁に傷がついたらしく
ちょこっと茶色いおりものが出た。

「今度こそ・・・?」と一瞬焦ったけれど、そういえば
内診で痛かったなぁと早合点に気づいた。

あと2週間。ますますトイレチェックが欠かせません!





胎動と歯の治療の関係〜うちの子へたれ疑惑

2014.06.12 Thursday  

 

・・・胎動が激しい。

思えば5ヶ月頃、
「まだ胎動が分からない」という時期に
「そのうち胎動が気になって眠れなくなるよ」
と言われたことがあったのだけれど

今、まさにその状態。

夜な夜なトイレの間隔が狭まり、
トイレから戻って布団に入っても
暑いのもあって寝苦しい。

気づくと時刻は4時・・・なんて生活を送っている。

実は数週間前から気になっていることがあった。

歯が痛い。

臨月に入ってから気づいたのだが、おそらくこれは歯の根っこに
悪い菌がいる感じ
のやつだ(過去経験済み)。

このままやり過ごそうと思っていたけれど、
朝起きると歯が浮いたような痛みを感じる。

気張れない妊婦はただの太った女だ。

このままだと歯を食いしばっていきめない・・・
治療出来るのかは分からなかったけれど、
4ヶ月ぶりに行きつけの歯医者を訪ねた。

ーすいません、この時期でも治療って出来ますか?

以前妊娠中期は怖かった歯のレントゲンも、
今回は状況が状況なので仕方なく撮る。

歯医者さんもレントゲンは顔だけだし影響はないと
太鼓判を押してくれたし。

「根っこが膿んでますね・・・3回程通えますか?」

と聞かれたけれど、
実際来週の自分がどんな状態か分からない。

しかしここでノーと言う患者はおるまい。

ーはい、通えます。

というわけで治療を開始したのが先週で、
今日は2度目の通院をしたのだった。

ここまで前置き。相変わらず長いなぁ。
前置きが長い人って独り言も多いのよね。へへ。

結局通常の根幹治療のやり方では日が足りないということで
麻酔をし歯茎をちょっと切り膿を出しレーザーを当て・・・
と結構本格的な治療を施してもらった。

その間40分。

あれ、そういえば、

普段あれだけ暴れるお腹の子ローランドが
大人しくしているではないか。


40分も仰向けの体勢で、しかも胎動を感じないなんて
珍しすぎる。

先週もそういえば、治療台の上で胎動に驚かされた
覚えがない。

さてはローランド、

産まれる前から歯医者が怖いんだな・・・!!!


動かないお陰でトイレも急かされず
じっくり治療に取り組めた上に、
治療が終わって支払いの間スタッフさんと無駄話をしていたら
ガツガツお腹の中から蹴られた。


ほんとうにまぁ、なんて気が強い子でしょう。
治療台以外ではな!!

ちなみにこれを書く間、
口に出して「痛い」というほど
お腹を蹴られている
のは言うまでもない。





|<最近のページ << 次| 2/223PAGES |前>> 最初のページ>|