カテゴリ

〜初の子育てしてみ〜ひん?〜


旧ブログカテゴリへ

世界一周してみ〜ひん?
↑   ↑   ↑
2013年から1年かけて
夫婦で世界一周に挑戦しました。
旅慣れていないわたしたちの
様子はコチラからどうぞ!



1日1回のクリック
してみ〜ひん?
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周後・体験談へ にほんブログ村 子育てブログへ


〜 カレンダー 〜
(記事の更新日)

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

スポンサーリンク

月別アーカイブ



最近のコメント

【インドと言えば下ネタですか?】- インド

2013.06.29 Saturday  
 眠れない夜を過ごしていますさちこですこんばんはー!お肌のためには10時から2時は寝ていなくてはいけないそうですがそれは日本時間の話でしょうかさっぱりわかりませーん!
**********************
今日もブログを読んでもらってありがとうございます!
世界一周ブログランキングへ参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ← 1日1クリックで応援よろしくお願いします!
世界一周 ブログランキング ← スマホ・携帯の方はコチラをクリック  
ブログランキングについての記事 ← ブログランキングって何?という方はこちら
**********************
<参考 1インドルピー=1.6円>

雨季のビーチって人がいなくて寂しいものなんだろう。
そんなビーチへ行こうとけんちが提案してきた。

というわけで、インド2度目の訪問地は、
インドで一番美しいビーチコバーラムビーチである。

チェンナイから列車に揺られること16時間、
ビーチに最寄りの街、トリバントラム駅へ向かう。

えっ、16時間?!

夜ご飯食べて寝て朝ご飯食べてもまだ着かない16時間?

つべこべ行ってもしょうがないので、
車内の恋人・お菓子を買いに

P6215856.jpg
薬局へ向かう。
IMG_6143.JPG
ガラス棚が天井近くそびえる店内は
薬局そのものなのだが、お菓子売り場である。

薬剤師のようなおじちゃんが終始寄り添い、
「このお菓子は美味しい、中もチョコで外もチョコだ」
パッケージを見れば子供でもわかる売り込み
してくるので、間違いなくお菓子売り場である。

おお、インド人よ。
言っても無駄だと思うけれど
お菓子くらいゆっくり選ばせてくれんか。


インド人に厳しいヨメ、「一人で選びたいのでほっといてくれ」
とちゃんと英語で伝えたのだが
インド人お家芸聞かん砲炸裂
だった。

そうだね、言っても無駄だったね、わたしが悪かったよ。
お菓子は安く、小さなクッキーは5Rからあり、
おっちゃん店員おすすめチョコクッキーは35Rと
少々高かったが正直美味しかった。悔しいが認めざるを得ない。


食料も買い込み準備万端、事前に買った切符を携え駅へ向かう。
P6215850.JPG
さすがイギリス支配下で整備されただけあって、
チェンナイセントラル駅の外観はしゃれていた。
P6215862.JPG
中は人で溢れ、熱気もムンムンである。
ムンムン・・・ムンムン・・・

ム〜ン・・・?なんだこの異臭は?

まるで駅全体がお便所のようなニオイがするんだが
なんでだ?

謎は列車に乗ったらすぐ解けた。

インドの列車トイレはボットン便所方式になっていて
ボットン便所と言っても後からバキュームカーが
汲取にくるはずもなく、


ボットンと落とされるみんなの生きている証
線路の上に垂れ流しになるシステムらしいのだが、

駅停車中にトイレを使ったらそりゃあ構内が
みんなの生きている証だらけになるってものですよね
納得ー!!


インドへ来て下ネタを言わずに済む日はない。

早めに来ている列車の2等車両に乗り込むと、
どうしてだろう、さちこはとっても疲れていた。

元気なけんちは車内見学へ行きたいという。

よいでしょう、オットよ一人で行っておいでと
カメラを渡しさちこは休憩。

※参考 カメラが捉えた他の車両の様子

<ファーストクラス(AC寝台個室)>
P6215870.jpg
ヨメ感想『ああ、ドアが付いてるのね』

<AC3段ベッド>
P6215871.jpg
『寝るときに真ん中の段を組み立てるのか。
寝る時間は皆で話し合えってことか?』

<座席車両>
P6215869.jpg
『座れなかった人はこのまま目的地を目指すのね、
って、過酷・・・!
え?この後通路や椅子の間に寝転がる
立ったままはしんどいものね!・・・どっちにしろ過酷!

さちことけんちは2等ACクラスと呼ばれる
エアコン付、2段ベッドの寝台車両である。
P6215874.JPG
さぁ寝ましょう、というときに上下ベッド同士話し合って
ベッドを組み立てれば眠れる。

カーテンも付いているし、荷物にはチェーンロックをすればいい。

恵まれた車両はさすがに料金もお高い、
お高いがインドでは快適さを金で買わせてもらうよ。

もう、バックパッカーなのか何なのか
インドでは旅の目的を見失っている。


しかしその甲斐もあって、2等車両は大変快適で、
車酔いの薬さえ飲んでおけば揺れも気にならず
気づくと朝だった。

こんなラクな夜行列車なら、何度でも利用できるわね・・・。

が、この料金はなんと1500Rである。
夫婦で一泊500R以下で宿泊できる南インドにおいて、
これは大変な贅沢なのだ。

次は少し安い三段に挑戦してみよう、という
けんちの提案は聞こえないふりをして、
1時間遅れで到着した列車を降り、
大雨の中庶民の味方バスを探すところで次回へ続く。

ビーチの前ふりをしておきながら海の写真一枚もないのかよ!
最後まで読んでくれてありがとうございます、期待を裏切らないよう
次は前置き短くがんばります。





コメント
起きて寝ぼけ眼をこすりながら布団の中でこのブログをチェックするのが日課になりつつあります。
けんちさんはインドに適応?されてるっぽいですね、すごい…
  • まや
  • 2013/06/29 3:53 PM
まやさん>日課 とまで言ってもらいありがとうございます。けんちはインドに対して全く怯んでませんよ!羨ましい!
  • さちこ
  • 2013/06/30 2:04 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック