カテゴリ

〜初の子育てしてみ〜ひん?〜


旧ブログカテゴリへ

世界一周してみ〜ひん?
↑   ↑   ↑
2013年から1年かけて
夫婦で世界一周に挑戦しました。
旅慣れていないわたしたちの
様子はコチラからどうぞ!



1日1回のクリック
してみ〜ひん?
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周後・体験談へ にほんブログ村 子育てブログへ


〜 カレンダー 〜
(記事の更新日)

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

スポンサーリンク

月別アーカイブ



最近のコメント

ミャンマーゲストハウス情報

2013.05.30 Thursday  
 ミャンマー内で宿泊した、ヤンゴン・バガン・インレーの宿を紹介しまーす。
東南アジアの割に料金が高くWi-Fi環境が悪い所が多いですが、朝食付きでスタッフはみな親切です!大体の宿は家族や親戚での経営で、雰囲気がいいのも納得。

*** ヤンゴンゲストハウス情報 ***

TOKYO GUEST HOUSE
オススメ度 ★★★☆☆ ミャンマーの情報集めにはピッタリ!
P5193526.JPG
  • 住所 200 Bo aung kyaw street,Botataung township Yangon Myanmar
  • 電話 +95 1386 828
  • 料金 2人部屋AC朝食付、22$〜(わたしたちは24$の部屋)
  • 朝食、共同ホットシャワー付き。建物は古い。蚊が多いのか蚊帳つき。
Wi-Fi無料だが、繋がりが悪く宿泊時はほとんど利用できなかった。
オーナーは日本人で、旅人が集まり情報ノートが充実!
各種バスの手配もしてくれます。

Hninn Si Budget Inn
オススメ度 ★★★★☆ Wi-Fi環境よし、清潔感有り、スタッフ親切!
  • 住所 Botataung Pagoda Rd, Yangon
  • 電話 +95 1299 941
  • E-mail hninnsibudgetinn@gmail.com
  • 料金 2人部屋AC朝食付き 23$
共同トイレ・ホットシャワー、無料のWi-Fi良好、スタッフが本当に親切。
朝食の時間も、フライトに合わせて1時間早くサービスしてくれました。

*** バガンゲストハウス情報 ***
EDEN MOTEL
オススメ度 ★★★☆☆ スタッフがいい人だったので★3つ、平均的なホテル。
P5223942.JPG
  • 住所 Min Rd., Near Nyaung Oo Market, Nyaung Oo
  • 電話  +95 6270078
  • 料金 2人部屋AC朝食付き 20$
  • 部屋にホットシャワー・トイレ付き。
早朝チェックインにも関わらず、翌1泊分しか取らない良心的な宿。
建物は大きいが古く、シャワーの出が悪いしベッドは沈む。屋上の共有スペース◎

*** インレーゲストハウス情報 ***
GYPSY INN
オススメ度 ★★★★☆ スタッフ親切、清潔感有り。
P5264375.JPG
  • 住所 82 Canal Rd | Win Quarter Inle Lake, Nyaungshwe
  • 電話 +95 0812 9084
  • 料金 2人部屋ファン、朝食付き 20$
  • 早朝チェックインは10$。船着き場の目の前の為朝はうるさい・・・かも。

船着き場の目の前で、右斜め向かいに美味しいレストランがあり。
レストランは平均1時間待たされるので時間に余裕を持って出かけましょう♩
P5254277.JPG


AQUARIUS INN
オススメ度 ★★★★★∞ インレー湖を象徴するGH!
P5244253.JPG
  • 住所 No.2 Phaung Daw Pyan Road, Nam Pan Quarter. Nyaungshwe
  • 電話 +958 129 352
  • E-mail aquarius352@gmail.com
  • 料金 2人部屋ファン朝食付 23$
  • 部屋にホットシャワートイレ付き。到着後ウェルカムフルーツ・ドリンクあり。
P5244254.JPG
かなりかわいらしくアレンジされた部屋は居心地よし。
P5244249.JPG
共有スペースとして、廊下や庭にテーブルがちりばめられている。
スタッフがみな感じがよい。帰り際に小物のプレゼントまであった。
インレー湖に行くすべての人に勧めたいホテル!

偏った宿情報もお伝えしますよ!
ランキングに参加中です、1日1回の
応援のクリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック