カテゴリ

〜初の子育てしてみ〜ひん?〜


旧ブログカテゴリへ

世界一周してみ〜ひん?
↑   ↑   ↑
2013年から1年かけて
夫婦で世界一周に挑戦しました。
旅慣れていないわたしたちの
様子はコチラからどうぞ!



1日1回のクリック
してみ〜ひん?
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周後・体験談へ にほんブログ村 子育てブログへ


〜 カレンダー 〜
(記事の更新日)

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

スポンサーリンク

月別アーカイブ



最近のコメント

【海外で病院に行くのは大変なのか??】 - カンボジア

2013.03.19 Tuesday  
 今さちこは寝ています。
只今、カンボジア時間で夕方16時。

夜更かしをしたわけでもなく、やることがないからでもなく、
体調不良のため寝ています。

昨日、夜から38度以上の熱が出はじめ
今日の午前中、僕たちの旅では初となる病院にお世話になりました。
カンボジアは医師不足と聞いていたので病院を探すときは少し不安ではありました。


少し話しはそれますが、
カンボジアで起こった虐殺について皆さん知っていますか?

僕は正直あまり知らなかったです。

虐殺の主導者だったポルポトという人の名前は聞いたことがあったのですが
カンボジアへ来ていろいろと調べるまで、詳しくは知りませんでした。

ポルポト政権が誕生した1975年〜1979年の4年間で
150万人以上のカンボジア人がポルポト政権の「原始共産主義」という思想のもと虐殺されました。
その数は当時のカンボジア人口の3分の1とも言われています。

原始共産主義と言うだけあって原始的な生活社会を理想とする考え方で
その社会には知識階級は必要ないとして、
当時の医者や教師をはじめ高度な知識が必要とされる職業についていた人々は処刑されてしまったのです。
そのためポルポト政権が終わってからもカンボジアでは人材不足が大きな課題として残っています。
なので現在でも医師はまだ十分ではないようです。

カンボジアという国の人たちは、
目がきれいで、笑顔が多い、という印象です。
まだ5カ国目ですが、一番町中で人の笑顔に触れます。
国民性は日本人に近いような感覚もあります。
町はガヤガヤしていてあまりきれいではないですが、
「人が良いな〜」と夫婦そろって感じています。

そんな国でそれほど前ではない30数年前にそんなことがあったなんて
ここにいてても考えられません。

今やアンコールワットで世界的に有名になったカンボジア。
そんな一面だけでなくこういった歴史についても知るべきだな、と。

「キリングフィールド」・「地雷を踏んだらサヨウナラ」といった映画は
カンボジアのポルポト政権時代の側面を知るにはすごく良い映画なので興味がある方は見てください。


あまりにも話しがそれてしまいましたが、
タイトルに興味を持って見てくれている人はココから先を中心に見てください。

昨夜、プノンペンで行けそうな病院を探すと
すぐに徒歩10分圏内にKen Clinicという日本人医師がいる病院がみつかりました。

まさか日本人がカンボジアで開業医をしているとは思っていなかったので
驚きです。運が良い。何より英語で症状の説明は難しいので。

このカンボジアという国で開業するというチャレンジ、尊敬します。

日本には世界に誇れるものがいくらでもあるので、
こんな風に日本人がもっと多く海外で活躍できるようになればいいですね。

ちなみにプノンペンを中心にカンボジアの水道インフラの構築には
1993年から北九州水道局が全面的に支援しているそうです。
当初、治安が不安定だったためどこも手を挙げなかったところ
北九州水道局が手を挙げたらしいです。すばらしい。
その後、奇跡的なほどきれいな水を利用できるようになったようです。


またそれましたが、
Ken Clinicは診察も丁寧で、
これから先の旅のお薬事情や、予防接種についても相談することが出来ました。
日本の病院ではそんなゆっくり相談できる雰囲気ではないが、
ここは日本人の患者が中心らしいので混みすぎることはなく、
ゆっくり相談できる点もいい!
日本人がプノンペンで病院を探す場合はとりあえずKen Clinicに行けば安心。

~ ケンクリニック ~
住所:No. 17A, St. 178, S. Phsar Thmei 3, Khan Daun Penh,
Phnom Penh, CAMBODIA
TEL:023-223-843 (日本語、クメール語、English)
FAX : 023-223-844
012-865-039 (時間外相談 after hours: 日本語、English)

診察の結果さちこの熱の原因はテング熱やらマラリヤやらのものではなく
細菌性の発熱と判明。
熱が高かったので少し心配しましたが、とりあえず一安心。
あとは薬を飲んでゆっくりしていれば治りますとのこと。

ただ診察で血液検査をする必要が出たときの、注射嫌いのさちこの反応はすごかった・・・
それまでしんどくてあまりはっきり話せてなかったのに、そこだけバッチリ聞こえるように。
「注射をしない方法はないでしょうか?!」と。
そんなさちこに先生と一緒に注射の必要性を説く、、、しぶしぶ納得。

まぁ結局採血で熱の原因もわかってよかったじゃないか。
初の海外での病院は運良く日本人医師に出会えたことで難なく終えることが出来ました。

今回改めて思ったのが以前も書きましたが海外旅行保険の大事さ。
保険料は高くつきますが、世界一周する人には必須ですね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
世界一周ブログのランキングに参加してます。
スマホの方はココをクリックしていただけると嬉しいです!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






コメント
久しぶりのけんち!
東九州水道局やるね。

さっちんも大したことないみたいで良かった。
2人とも健康には気を付けてね。
  • たろー
  • 2013/03/19 11:05 PM
変な病気とかじゃなくて良かった〜
けんち君これからもさちえをよろしく頼む( ̄^ ̄)ゞ
2人とも
健康第一!安全第一!
でね(^_−)−☆
  • るみ
  • 2013/03/20 12:14 AM
わたしも注射と群れてるアリがだいっきらいよ〜

感受性豊かなさっちゃんにはトゥールスレンの
刺激が強すぎて疲れが一気に出たかんじ?
シェムリは観光地でチャリでプラリするの楽しいよ!
ナイトマーケットは是非!!

にしても、いい病院が近くにあってよかったね〜(>_<)お大事に!!
  • ちぃ
  • 2013/03/20 1:09 PM
>たろちゃん
有り難う!どっかでは体調崩すとは思ってたけど、
近くに良い病院あって良かった!
もうさちえはほぼ回復してるよ〜

あと、東じゃなくて北九州ねw
たろちゃんもそんなところに手を差し伸べれる議員さんになって!
  • KENJI
  • 2013/03/20 4:49 PM
>るみさん
了解です!
有り難うございます!
やっぱり無事に帰る事が一番大事ですもんね。
  • KENji
  • 2013/03/20 4:51 PM
>ちぃ
有り難う!

ちぃもトゥールスレンいった?
しかも今日はキリングフィールド行った。
感受性の弱いおれでもきついもんな。

明日からシェムリ!
チャリでふらふらしてみるよ〜
  • KENJI
  • 2013/03/20 4:57 PM
さちー!大丈夫ー?
たくさん栄養とるんやでー!
虐殺については、初めて知ったよ。海外にくると本当に自分が無知だと思い知らされます。。。
さちけんじのブログ見ながら勉強させてもらいます!
  • ママ
  • 2013/03/20 11:08 PM
さちは喉が少しおかしいくらいでいまは元気やで〜
今日は二人とも栄養とり過ぎてしまった!

それほど前じゃない過去にこんな虐殺があったなんて想像できひんな。。
ただやっぱり知れて良かったと思っとります。
  • KENJI
  • 2013/03/21 2:50 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック