カテゴリ

〜初の子育てしてみ〜ひん?〜


旧ブログカテゴリへ

世界一周してみ〜ひん?
↑   ↑   ↑
2013年から1年かけて
夫婦で世界一周に挑戦しました。
旅慣れていないわたしたちの
様子はコチラからどうぞ!



1日1回のクリック
してみ〜ひん?
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周後・体験談へ にほんブログ村 子育てブログへ


〜 カレンダー 〜
(記事の更新日)

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

スポンサーリンク

月別アーカイブ



最近のコメント

離乳食はじめました

2014.12.29 Monday  
 年末進行でブログの更新が滞っておりますさちこですこんにちは〜!年末特番って当たり外れが激しいですよね。あっちもこっちも気になるってときもあればたまに見る番組一つもないなってときも。まぁ部屋にテレビないんですけどね(自虐)。

またも編んだのはさちこ用のニットキャップ。次こそ君のを編むよ。
****************
今年も応援有り難うございました。
おかげで更新を続けられました!
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
****************

我が家の0才児ローランドに、
クリスマスよりも大きな出来事
12月終わりにやってきた。

それは

IMG_4067.JPG

離乳食デビュー!

生まれて初めて口にする
母乳以外の食べ物・・・それが離乳食。

一足早く離乳食を始めた
仲良しのママ友たちはみな言う。

「子がスプーンに食いつく姿がかわいくてたまらん」

と。

本当なら生後きっちり6ヶ月で始める予定だったけれど、
インフルエンザからの避難生活で
さちこたちは若干時間を持て余していた。

生後6ヶ月を2日後に控えたクリスマス・イブ、
暇を持て余したさちこ、ローランドに聞いてみた。

「離乳食、食べたい?」
IMG_3936.JPG
「食べたい!」
※すいません言ってません。

ーじゃあ離乳食、つくろうかね!

参考にしたのはお友達のブログ記事。
「ハナタレノオト」離乳食デビュー

※道具も記事を参考に揃えたのでほぼ同じ。

作るのは10倍粥だよ〜。さぁレッツクッキング。
IMG_3979.jpg
大さじ1の生米と、150mlの水を鍋に入れて
20分〜30分浸水させ、

30分弱火で煮ると

あれ、お友達のとなんか違う。
IMG_4068.jpg
はうぅ!水っけが全部持っていかれた。

レシピと違うけどここに更に沸かしたお湯を足して・・・コソコソ
IMG_4071.JPG
裏ごしする。

途中水を足したこともあって
たっぷり出来たのだが、
IMG_4067.JPG
初日だから、ここから大さじ1しか使わない。

余りはIKEAの製氷機で冷凍保存することに。
IMG_4004.JPG
※シリコンの製氷機も離乳食保存のため慌てて買った。

これはまた水をちょっと足してレンチンしたらいいそうだ。

初日以外は準備も楽そう。
あ〜、離乳食ってなんか楽勝じゃないか。

「ローランド、イスに座らせる?」
オットけんちもウキウキと手伝ってくれる。
ーあ、膝に抱っこのほうが食べるらしいよ。
IMG_4065.JPG
ママ友情報に倣って、お膝抱っこで
いざ、

あ〜ん!
IMG_3995.JPG

ほら、あ〜ん。

IMG_3996.JPG

ーあれ、口開けないな。

このときのローランドの心境はおそらく

「おかん、スプーンの量、
多すぎるやで」


IMG_4001.JPG


であろう。

というかむしろ
スプーン自体が口に入るサイズじゃあない。

IMG_3999.JPG
※笑い事じゃない


『初日はほとんど口を開けてくれず散々だった
と後ほど友人に報告すると、

『さっちゃんそれは一口量が多すぎる』

と適正な意見をもらった。

赤子にあ〜んさせるときの一口量は、
小指の爪くらい、もしくはその半分だそうだ。
※小指の爪の個人差についてはご容赦ください

なるほど。明日はがんばろう。

と思ったら、ママ友から更にアドバイスが。

『あと、木のスプーン案外受け付けてくれないよね』

うーん、やっぱりシリコンスプーン
西松屋で買うべきだったか。

とりあえず翌日は
コンビニのスプーンの食いつきがいい、という
情報を得たので、未使用のカレー用スプーン
使ってみた。

が、

コンビニのカレー用のスプーンである。

ローランドにはもちろんデカすぎた。

というわけで、またも食いつきは非常に悪かった。

そうか、ヨーグルトとかのスプーンか。
※ちょっと考えればわかるだろう。

そうこうするうちに避難生活も終わり
自宅へ戻ったのだが、自宅で妹にもらったIKEA製、
離乳食食器セットの存在を思い出した。



コレだよ!このスプーンだよ!
忘れててごめんよ妹。


そして3日目。

IMG_4050.JPG

ばぐっ

IMG_4055.JPG

ばぐっ

見違えるほど食いつきが良くなった。
※おかげで写真が撮れないほど。

いや〜、スプーンって大事なのね・・・。

というわけで離乳食生活はまだ始まったばかり。
まだうまく飲み込めず、
口にいれてもドロドロ出す状態だけど、
大人への階段を、大きく一段登ったローランドであった。

IMG_3967.JPG
ばぐっ!


最後まで読んでくれてありがとうございます。
生後6ヶ月を迎えました、次回は6ヶ月のまとめかな〜。
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ






寒い時期恒例、◯泥棒

2014.12.24 Wednesday  
  メリークリスマス!と言いながらパーティは24日なのか25日なのか、はたまた23日祝日のほうがいいのか毎年悩むさちこですこんにちは〜。今年は前回からの引き続き、インフルエンザ騒動でそれどころじゃないですが。へへ。

めりーくりしゅましゅ!
ニットキャップはオットけんちへ。ボールは・・・前もらったやつを今日おろしただけ。
サンタさんは、多分来年・・・再来年から来るからね!

****************
今日もブログを覗いてくれてありがとうございます。
ブログランキング参加中です、クリックでポイントが入ります〜。
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
****************

<前回からの流れ>
同居のオトンがインフルエンザを発症したため
さちことローランド、そしてオットけんちは
1週間ほどの予定で亡き祖父母の家へやって来た。

木造平屋でビフォーアフターの
ビフォー物件
、とまで普段は散々言う家だが、
※ご先祖様ごめんなさい

とにかくここがあってよかった。
 
が。

案の定、初日から悩まされたのが
夜のとんでもない寒さだった。

この家で迎える、初めての夜。

一人暮らしを始めて十数年、マンション暮らしが長いさちこ。

ピュー・・・ピュー・・・

木造平屋で寝るのが久しぶり過ぎて
すきま風が辛くてしょうがない。

まして赤子のローランドはどうだ。

ただでさえ寒そうな頭なのに。


お腹から出てきて初めての冬だ、
突風を顔に浴びただけで泣くへなちょこなのに
この寒さを乗り切り、無事に朝を迎えられるんだろうか。

暖房器具は3種類、
電気カーペット、ガスファンヒーター、電気のファンヒーター。

寒いからってファンヒーターを
つけっぱなしで寝るわけにもいかないし
ましてスイッチを入れっぱなしの電気カーペットに
布団を引いて寝るなんて、とんでもない。

一軒家で迎える冬の夜って、こんなに寒かったっけか。

木造平屋・・・。
遠い記憶が蘇る。


さちこが生まれた家は島原半島の、それはそれは海の近く。
家は木造2階建てでそれなりにボロかった。

数十年前のことで記憶が曖昧だが、
すべての部屋に冷暖房器具なんてなかったはずだ。


あの寒さをどうやって乗り切っていたんだろう。

子供のころのさちこが
頭の中で布団に潜り込む。
※リトルホンダ・・・?
(旧姓ホンダです)

寝返りもうてない重い綿布団を
耳までかぶって、氷のように冷たい足を縮こませて・・・


足・・・?

あ!!そうだった!!

あの頃、冷たい足先を温めてくれたものが、
ここにもあるじゃないか。

向き合って眠る母や、祖母の太ももの間に
足を突っ込んで眠っていたさちこ。

そう、冬になると決まって現れる
暖・泥・棒
とはわたしのことだ・・・!!

化けろよ、ローランド、
さちこの血を引くローランド、
立派な暖泥棒になってみせろよ・・・!!

というわけで、

ローランドの小さい足を
無理やりむっちりしたさちこの足に挟み込み、
凍えないよう祈りながら
暖を捧げた、新米母さちこだった。

〜完〜


ここまで言っておきながら結局初日の夜は、
生粋のマンション育ち甘ちゃんオットけんちが
「この寒さでローランドがやられる」と言い張り、
結局極小で電気カーペットをつけ眠ったのだった。

そして翌二日目の夜は、
木造の家が人の気配を感じたのか、
少し寒さが和らいだので暖房なしで乗り切った。

不慣れな古い炊事場での料理をし、
実家のお風呂を早めに借りに行き、
オトンも回復に向かっているという。

問題なく初めての3人暮らしが終わるかと
思っていたのだが、

その翌日、避難生活三日目。

夜、授乳のタイミングで起きた時、
冷えた部屋でバンザイの姿勢で眠るローランドの、
布団からはみ出した手の冷たさに、ぞっとした。

ぎゅっと抱いてそのまま朝を迎えたけれど、
なんとなく気になって何度も体温を計った。

すると、

ローランドの体温が、37.6度になった。
平熱36.5度のローランドにしては、高めである。

機嫌よくアハハと笑うローランドの顔の真ん中で
漫画のような鼻ちょうちん
が膨らんで消えた。

生まれて初めての鼻ちょうちんだ〜、と
はしゃいでいる場合ではない。

やはり風邪をひかせてしまったか!!

寒さのせいか、もしくは風邪気味だったさちこたちから
風邪がうつったのかもしれない。


ごめんよーーーー!!


機嫌がよくおっぱいもたくさん飲んでくれたので
結局病院へいくほどではなかったが、
子がこれ以上発熱したらと思うと気が気じゃなかった。

現在熱もなく相変わらず元気で
よく飲みよく眠り、ついでに離乳食デビューまで
してしまったローランド。
※つい勢いで。

避難生活も、明日の朝まで。
明日はオトンとおかんちゃんの待つ家に帰って、
クリスマスのごちそうを作ってみんなで食べるんだ。

それにしても、寒い地域の赤ちゃんの
住環境って、整えるのが大変だ
と痛感した。
全国のお父さんお母さん、がんばってください!

最後まで読んでくれてありがとうございます。
これから先、外出には必ずマスクを着用しよう、
冬場のウイルスなめたらあかん。
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ






インフルエンザからの避難生活に突入

2014.12.22 Monday  
 当初のタイトル『避難生活に突入しました』から若干タイトルを変更しました。コメントくださった、「さわこ」様、ご意見ありがとうございました^^

前回思わせぶりな終わり方をして心配かけてごめんなさい。結論からいうと、避難生活突入です。

避難所でもごきげんなローランド。

******************
今日もブログに遊びに来てくれた人、
どうもありがとうございます。
ついでに1日1回、クリックで応援おねがいします〜。

にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
******************

何が悲しくて、家族全員インフルエンザの
予防接種を済ませたと言うのに、
家族の四分の三がインフルエンザの検査を
受けなくちゃあいけないのさ。

(2014/さちこ)


オトンがインフルエンザを発症した、との連絡を受け、
喉が痛いさちこも慌てて病院で検査を済ませた結果、
さちこはインフルエンザではないことが判明した。

それでも、インフルエンザは潜伏期間がある。

1〜3日後に発症することもあるというから、
オトンと触れ合った夕べから最低3日は
油断を許さない状況で、

もしかしたらさちこも発症していないだけで
既にインフルエンザかもしれない。

緊張の中、
微熱の体でオトンが帰宅した。

ーお帰りなさい、熱は?体調は?

ねぎらいの言葉も遠巻きにかける。
全力でオトンを病原菌扱いである。

もちろん、全員がマスクを着用しているが、
ローランドはマスクなんてまだ付けられない。

それでも授乳はしなきゃいけないし、
さちこの唾液や鼻水がついた肌や服を
ローランドがチュッチュク吸っているかもしれない。

気が気じゃないまま朝になり、
オットけんちと話し合った。

「オトンがいる家から逃げよう」

行く先は、普段事務所として使っている
今は亡き、けんちの祖父母の家しかなかった。

祖父母の家は、木造の平屋で
昭和の初めに近所の有志で建てたんじゃないか
密かに思っているくらい、ボロい。
この場を借りて、いろんな人に無礼を謝罪致します

屋外よりも寒い、言い換えると風通しがよい室内なので、
暖房をガツガツ効かせて仕事をしているのだが、
そのため部屋は乾燥がひどい。

寒さと乾燥が気になるが、
確実にインフルエンザ菌がうようよしている
家よりはまだましだろう、ということで
避難生活を決心した。

インフルエンザの予防には、加湿が大事。

というわけで、加湿器と布団一式を抱えて
※正式にはタイムズで借りた車に乗せて
家から10分の事務所に移動した。

事務所として使い始めてから、
少しずつ整えたり修繕した甲斐があって、
お風呂以外はなんとか使える。

炊事もできるので米を始め、基本の調味料と
ざっくりとした買い物をして、
一息つくとあっという間にお昼が過ぎた。

そしてけんちが言った。

「おれもな、ちょっと喉痛いねん」


ー喉?・・・えっ!!


「インフルエンザの検査、受けて来るわ」

なんと、けんちにも
風邪の症状が現れたという。

そしてそれは風邪なのか、もしくは。

まさかの、避難生活が
赤子とふたりきりになるというのか。

もちろんすぐさま検査へ行ってもらい
ニュース速報よろしく、
LINEで報告してもらった結果は


『インフルエンザじゃなかった

神様ーーーーーーー!!!


よかった・・・。


本当によかった・・・。



ただでさえ住み慣れないところに
しかもロビーで眠った空港泊を彷彿とさせる寒さの中
赤子とふたりで寝泊まりするなんて
まだ母となって6ヶ月弱のさちこには無理だ。

そうして避難生活が始まり
外出時にはマスク、そしてベビーカーには

寒さ避けならぬインフルエンザの菌避けの
レインカバー。

予防接種をすり抜けて忍び寄る
インフルエンザの気配に怯えつつ、
そういえば
ローランドが生まれて初めての
家族3人だけの生活
がスタートしたのだった。


そして次回、大泥棒現る、の巻へ続く。
※タイトルに誇張がありますことを先にお詫び致します


最後まで読んでくれてありがとうございます。
皆さんもインフルエンザ気をつけてくださいね

にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村





最近のページ  次| 1/3PAGES |前>> 最初のページ>|