カテゴリ

〜初の子育てしてみ〜ひん?〜


旧ブログカテゴリへ

世界一周してみ〜ひん?
↑   ↑   ↑
2013年から1年かけて
夫婦で世界一周に挑戦しました。
旅慣れていないわたしたちの
様子はコチラからどうぞ!



1日1回のクリック
してみ〜ひん?
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周後・体験談へ にほんブログ村 子育てブログへ


〜 カレンダー 〜
(記事の更新日)

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

スポンサーリンク

月別アーカイブ



最近のコメント

【今度こそ、さようなら。】- ドイツ

2014.02.05 Wednesday  
 ご無沙汰してますさちこですこんにちはー!日本に帰って気付いたこと、それは、日本女子の髪の美しさ。
写真.JPG
そうこう言ってる間に、自分の髪もつやが出て来たなぁ・・・あっ!リンス効果ってやつかー!!!・・・旅の間シャンプーだけで1年凌いだら髪ぱっさぱさだったってお話でした。
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
1月10日、帰国しました!あと少しだけ世界一周話が続きます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングとは?→ブログランキングについての記事
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●


ドイツ内の移動は続いてー。

2度目のドイツで、ミャンマーで出会ったローランド兄弟と、
そしてイランで知り合ったオーリーにそれぞれ2ヶ月ぶりに再会した。

オーリーに再会した理由は、10月にオーリーからのプレゼントを
受け取らなかったから。

ーあのグラス、まだ私たちを待ってくれてる?

地元のマラソン大会の参加賞だったという数量限定のビール用グラスを、
「記念に」とオーリーがくれたのだ。

※床置きで申し訳ないが参考写真。

が、ここで受け取って、持ち運び時に割らない自信がない!
ドイツにはまた来るから、それまで預かっておいてくれる?

・・・という流れで、オーリーの家に置いて行ったのだ。


そういうわけで件のグラスは、もちろん彼の家で
ピカピカのままわたしたちを待っていた。

ありがとうオーリー!改めて、貰って行くね!

次はいつ会えるのだろう?だけど、
どこでだって待ち合わせが出来る人だから、
自信を持って「またね!」が言える。

オーリーと別れて、向かったのはドイツ最後の街、
フランクフルトだ。

主観だけど、ドイツ人にはいい人が多い。
いい人、というか、分かり合える人、だ。

人種が違うってことで思うのは、
細やかな感情が共有出来ないこと。

ざっくりした相互理解が出来ても、
心情を分かり合うためには共通の言葉が必要で、
ちょうど伝えたい感情に当てはまる外国語を
探すのは難しい。

人によっては、それをぴったり分かってくれる人がいる。
日本には、「慮る」という言い方があるくらい、
相手方の状況を推し量る共通の美徳がある。

ドイツに「慮る」にぴったりの言葉があるかどうかは
分からなかったけれど、
ドイツ人には、こちらの考えを汲んでくれる人が多い気がする。

「またね」に含んだ寂しさを察してくれる人、
それがローランドだった。


そのローランドと、次の町フランクフルトで
会う約束をしていた。
PC081027.JPG
ローランドの家を去る朝、途中の駅まで
一緒に向かいながら、ローランドが提案した。

「週末予定があってフランクフルトに行くから、
連絡し合ってお茶しよう。」


ローランドの言葉は嬉しくて、もちろん二つ返事した。

が、肝心の連絡がうまく取れず、待ち合わせを決めていないまま、
移動日当日になってしまったのだ。

一方的にざっくりした到着時刻をメールし、ローランドから
返事をもらえないままフランクフルト駅に到着してしまった。

日曜日の今日、ローランドは地元へ戻ってしまうはず。

ー会えないんだったら、この前ちゃんとお別れしとくんだった・・・。

2時間ぽっちの列車だったのに、
降りてすぐ、車酔いに似た気持ち悪さを感じる。

妊娠11週目に入る頃で、まだまだつわりは続いていた。

「休んでていいよ。」
けんちは言って、iPhoneを取り出す。
今日予約した宿の場所を確認しているのだ。

駅ホームのベンチに、けんちと並んで座る。
同じ列車を降りた人たちは、とっくに外に向かって
歩いて行ってしまった。

けんちが言う。

「あ。Wi-Fiない。地図、ダウンロードするの忘れてた。」

ーあら、じゃ宿の住所見て聞いてこよっか・・・。

けんちの手元を覗き込んだ視線の先に、
オレンジの帽子を被った、見慣れた姿が見えた。

あ、

ーローランドー!!

広い駅の長いホームで、ゆっくり歩いてきたのはローランド。
笑った顔の横に手を挙げて、呼びかけに応えてくれる。

ーメッセージ気づいたんだ、来てくれたんだー!

ローランドが被っている帽子は、さちこが旅の初めから
愛用していたもので、段々似合わなくなったので
お下がりだけど、と彼にあげたのだ。

冬には寒いだろうコットンの帽子を目印代わりに、
ローランドは駅で待ち構えていたらしい。

ああ、もうローランド大好き過ぎる!

PC081028.JPG
ローランドが週末ここを訪れた理由はバレーボールの
大会のためだったそうだが、昨日の試合で足を痛めたらしい。

「あまり歩けないから、観光案内は出来ないんだけど。」

そう言いながら、夜までの滞在時間を
けんちとさちこに提供してくれた。


ローランドと一緒なので、すんなり宿へ辿り着けた。
宿のロビーの、広々としたフリースペースでお茶を飲みながら、
さちこの体調が回復するのを3人でのんびり待つ。

ーよし、行こうか。お腹も空いたし。


宿の近くは治安が悪そうだったので、
駅周辺の賑わっている場所を目指して歩く。

あいにくの日曜日で、めぼしいレストランは
定休日らしい。迷って、スタバのサンドイッチを食べた。
食べれば収まる、つわりの気持ち悪さの扱いも慣れた。

昼過ぎに着いたはずが、のんびりしていたら
あっという間に夕方になった。

「友達の家に泊めてもらってたんだけど、
その友達も呼んで一緒にクリスマスマーケットを見よう。」

PC081040.JPG
12月なので、やっぱりここでもクリスマスマーケットを巡る。

日があるうちからいい匂いがしているけど、
日暮れのマーケットは電飾に彩られて一層きれい。
PC091118.JPG

PC091126.JPG

PC081060.JPG
ローランドが呼び出した友達が
さらに友達を呼んで、結局4カ国の大所帯が出来上がった。

駅の近くにあるマーケットをはしごしてそぞろ歩き、
ピンクマーケットで、ホットワインで乾杯した。
PC081051.JPG
アルコールが御法度の妊婦にはノンアルコールを、
そうじゃないみんなは、アルコールが強めのホットワインを。

果実とスパイスで甘く仕立て上げた赤い飲み物は、
グラスを包む手を温め、飲み下すと胃がポカポカ温まる。


けんちとさちこのように、ドイツ語が全然分からない人も
いるので、会話はほとんど英語で進んでいく。

「君たちの旅の話をしてみてよ。」
ローランドが眉で合図する。

ーえっと、フィリピン留学から始まって・・・。

イランってどんな国?
どの国が一番すき?
その国のあそこは行った?


ローランドは、隣でニコニコして話を聞きながら、
わたしたちの乏しい英語の説明を補って、わざととぼけたりする。

けんちと二人だけの旅行なら、
こんなにたくさんの人と話す機会もなかったかもしれない。

そして、時間が来る。
ローランドが自分の街へ帰る時間だ。

めっきり泣きやすくなったさちこが
案の定泣いて、けんちがさちこをいじって、
なんやかんやみんなが笑う。

この旅、2回目の土地だけど、ドイツに来てよかった。
芯から冷えるドイツの冬は厳しいけど、
何度もすすったノンアルコールのホットワインは、
ドイツで飲むから、より一層美味しかった。


この旅で、何度「またね」を言っただろう。

メールするね。Facebookで連絡するね。
ローランド、またね。

絶対会いたいから、また、会おうね。
しつこいくらい言ったから、ローランドも、片言の日本語で答える。

「マタネ!」


そうして濃かったドイツの旅が終わって、
けんちとさちこは帰国へ向けて、東へ向かった。

最後まで読んでくれてありがとうございます。
タイ編に繋がりますが、旅は既に終わっているので
なるだけあっさり書きますね!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ






【ブログ再開。友人への手紙。】- ドイツ

2014.01.19 Sunday  
 ご無沙汰していますさちこですこんにちわー!帰国後毎日バタバタしてましたが、区役所の手続きから部屋の掃除まで一通り終わって、ついでに置いて行ったパソコンの動作不良もよくなって、先日ようやく産婦人科へ行ってきました。・・・が、
 写真.JPG
そうそう、平日の午前中、男性の付き添いがないのが『普通』なのが日本だった!超音波検査の付き添いもできずにけんちは若干ご立腹でした。
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
世界半周中に妊娠し、既に帰国しましたがブログは続きます。にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングとは?→ブログランキングについての記事
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
※ブログはドイツ/ニュルンベルク編からの続きです。
お手紙形式ですが、どうぞ。


親愛なるローランドへ。

2度目のニュルンベルク滞在を、またも
ローランドの部屋で過ごせて、楽しかったよ、ありがとう。

2泊の約束でやってきたのに、急遽
電車の予約の手違いでニュルンベルクの滞在が
1日延びちゃって、年末の忙しいときに
3泊もさせてもらって、ほんとうにありがとう。

そのおかげで最後の夜は一緒にパスタ作って、
5人前ほどのパスタを3人でたらふく食べて、
何杯もお茶をお代わりしてたくさん話せて、楽しかったよ。

3泊もしたのに、結局ローランドと別れるのが寂しくて、
ドイツに滞在している間にもう一回会う約束を
してくれたこと、嬉しかったよ、ありがとう。

世話焼きなローランドが印刷してくれた
切符で乗ったドイツの列車、指定席は、
かなり快適だったよ。

個室タイプの2等列車で、用意したサンドイッチのお弁当を食べて、
車酔いもつわりもなくって、さちこはそれだけでしあわせだった!

つわりがないさちこを見て、
けんちもずーっとニコニコしてたよ。
PC050969.JPG
そしてやってきたケルンは、ニュルンベルクよりも寒い気がする。

到着した翌日、みぞれが降ってすーっごく寒く感じたんだけど、
ケルンに住んでる友達のオーリーが言うには、
この辺じゃそう何度も雪は降らないって。
PC060971.JPG
妊娠してからめっきり晴れ女になったと自負してたから
久しぶりに天気が悪くてがっかり。

って言うと、調子に乗ってるね!

前は、お出かけのときに雨が降るなんて当然だったのにね。
そういえば、わたしたちの出会いも、雨のミャンマーだったよね。
青と赤のレインコートを来たドイツ人兄弟と、
こんなに縁が続くなんて、あの時は思わなかったなぁ!
PC060978.JPG
ニュルンベルクで有名なクリスマスマーケットだけど、
もちろんケルンにもあって、
ケルンの大きな大聖堂の前以外にも、ちょっと歩くと
違うマーケットが点在している感じで、けんちと二人で
昼間っからマーケットのはしごをしたよ。
PC060985.JPG
どのクリスマスマーケットも、
職人さんが作ったガラス細工や、ドイツ菓子やスープを
売ってるってことは同じなのに、両脇に並ぶ小店を
じっくりと見回っちゃうんだよね、不思議だねー!
PC060980.JPG
夜は夜で、オーリーと一緒に
晩ご飯を兼ねてまた出かけちゃうんだから、
どんだけマーケットがすきなんだ!って感じだね。
PC070999.JPG
ドイツ人でも、シーズン中に数回しか行かないって
言ってたけど、ドイツ人の1シーズン分の回数を
けんちとさちこはこの数日で出かけてる気がするよ。
PC071004.JPG
けんちはどこに行っても、
スパイスがかかったソーセージ食べるしね!
PC060988.JPG
ソーセージ好きなけんちは、
それだけでもドイツが好きになるってもんだ。全く。

けんちがソーセージ好きっていうのは
日本で暮らしているときから変わらなくって、
けんちって酒もタバコも女もやらない、いいオットなんだけどね、

実は旅を始めてハマったものがあってねー、
それは水タバコ。シーシャ。れっきとしたタバコ!
PC081017.jpg
オーリーんちで、嬉々としてシーシャ会してたよ。
オーリーも旅が大好きで、異国のどこかでシーシャを買ったんだって。
PC081024.JPG
さちこは妊婦だからね、タバコはもちろん、ダメなんだけど、
けんちはすっかりシーシャが欲しくなったらしくって、
次、タイに行ったら絶対買う!って鼻息荒く宣言してたよ。

けんちがどうしても買いたい!欲しい!って
言うことって旅し始めてそうあることじゃないから、
多分タイで買うことになると思うけど。

ローランドと、本当にフランクフルトで再会できたら
嬉しいなぁ!
こっちが携帯を持ってないから、待ち合わせが難しいけど、
なんとか連絡取れるようにするからね!

じゃあ、またね!

さちえ。それからけんじより。

最後まで読んでくれてありがとうございます。
ブログ更新がなかなか出来ませんが、こんな感じで
もうちょっとだけ、続きます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ






【子どもの名前、それでいいの?】- ドイツ

2014.01.07 Tuesday  
 2014年に入ってめっきりブログ更新が滞っておりますがさちこは元気ですこんにちはー!3週間程いたクラビから、バンコクに戻って来たんですが、ネット状況が相変わらず悪い宿で思うようにブログが書けません。で、日中何してるかって言うと

とうとうゲームアプリにハマってしまいました。旅終盤にしてまさかの引きこもり。それでいいのか夫婦旅!
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
バナーを手作りにしました↓応援クリックはコチラ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングとは?→ブログランキングについての記事
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●


予定外に1泊滞在が延びた、ドイツ・ニュルンベルクの居候生活
この1日を有意義に過ごすべきだと、友人ローランドの
共同生活者の一人にあたる、ミラの元を訪ねることになった。

ミラはブルガリア人で、既に同じくブルガリア男性と結婚している。
お互いドイツで働いているのだが、職場が
日本で例えると大阪と神戸くらい違う。

その例えで説明すると、
大阪に共同アパートを借り、神戸にマンションを持っているらしい。

ちなみに実際の地名はリューデンスブルグという。
根っから日本人のヨメには、ドイツの地名は覚えづらい。

というわけで今回、ミラの家を神戸と呼ぶ。
※以下ご注意ください。

以前会ったときは気付かなかったが、実は妊娠しているらしいミラ、
ローランドの計らいで『妊婦交流会』をすることになった。

余談だがドイツのバイエルン地方の移動はすごく楽だ。
ドイツ鉄道・DBの券売機で簡単に買えるバイエルンチケットは、
1日乗り放題2人分で26ユーロ。
購入すれば、バイエルン州の快速と普通電車での移動は、
全てそのチケットで賄える。

ドイツの鉄道は1回地下鉄に乗るだけで2.5ユーロかかるので大変お得。
前回のドイツ旅行でも、3回ほどお世話になった。

ちなみにチケットはネットでも購入が可能で、
世話役ローランドが手取り足取りチケット手続きをしてくれた上に、
朝っぱらからイングリッシュブレックファストを作ってくれた。
PC040916.JPG
ローランドは朝食作りのため、朝からスーパーに行ったのだ。
なんと優しい男か。
PC040915.JPG
それをただ喰らうだけの居候、けんちとさちこ。
ちなみにお皿は自動の食洗機がやってくれる。

前回我々が食洗機を使おうとしたらまさかのタイミングで
食洗機が壊れて、
今回はみんなでお金を集め買い直したそうだ。

というわけで食洗機のスイッチを入れることすらせず
朝食をただ頂き、けんちとさちこはミラが待つ神戸へ出かけた。

前置きが長いが食洗機はネットで8千円程だったらしく
あまりの安さに我々驚愕したというのも付け加えさせてほしい。

神戸までの鉄道旅は勿論快適だった。

ドイツは鉄道王国である。
ダイヤの乱れもないし車内は座席は勿論トイレまで清潔。
こういうところが日本に似ている。
PC040929.JPG
駅に着くと、待ち合わせ時間通りにミラはやってきた。

ーわぁ!久しぶり!

みんなでテーブルを囲んだことはあっても、
個人的にゆっくり話すのは今日が初めて。

ミラってどういう人なんだろう?

このときまでミラの年齢を知らなかったのだが、
恐らく2、3歳年上だろうと当たりを付け
高齢出産の不安さをぶつけようと思っていたのだが、
PC040931.JPG
なんとミラは年下だった。

外国人の年齢は分かりづらいよ・・・。

さちこよりも2ヶ月ほど先に子を授かったというミラ、
旦那さんは脳が専門とは言え医者なので、
旦那の病院の超音波の機械を好きなだけ使えるらしい。

実際、妊娠3ヶ月のお腹なんて全然目立つものではない。
お腹の子が元気なのか、月に1回の検診で知るしか
確かめようがないのを、毎週週末に夫婦で映像で見られるなんて
役得とはまさにこのことである。
PC040930.JPG
※お昼ご飯、食欲もないのでさちこはスープ。
PC040932.JPG
※けんちはソーセージ。

PC040937.JPG
※ドイツでも有名な美味しいソーセージの店。名前は読めない。
PC040928.JPG
※神戸、ややこしいな、リューデンスブグルのライン川の前にあります。
ーミラ、5ヶ月なのにお腹あんまり出てないね。

小柄な人はお腹がぽっこり出るんだと思っていたので
素直に不思議がると、ミラは答えた。

「腹筋が厚いからね、中々出ないのよ。」

現在妊娠5ヶ月のミラは運動が大好きで、
妊娠後もジム通いを続け、今も腹筋が割れているそう。

腹筋が割れた妊娠5ヶ月の妊婦・・・。

ー腹筋って力入れたらダメなんだと思ってたよ。


「うん、腹筋自体は鍛えないようにしてるわよー。」

PC040942.JPG
少し町を歩いたら、三人で今度はカフェへ移動する。
ドイツで一番古い、老舗カフェらしい。
PC040951.JPG
ケーキをつつきながら更に妊婦トークを続けたのだが、
中でも興味深かったのは名付けの話だった。
PC040949.JPG
「子どもはどうやら男の子みたいなんだけど、
そうすると名前が旦那家のしきたりで決まっちゃうのよ。」


ミラと旦那さんの故郷ブルガリアのある地方では、
お祖父ちゃんの名前をそっくりそのまま男の子につけるそうだ。

ただ、その名前があまりにもブルガリア然とした名前すぎて、
ドイツ人には発音がしづらく読みにくい名前らしい。

日本だと、時代とともに名付けは変わる。
親の名前をたとえ漢字一文字であっても、受け継ぐのは
珍しいのではないだろうか。

小児歯科で専門職をしている妹に聞いた話では
素直に読めない名前が多いらしい。
PC040952.JPG
そうしてミラとの別れ際。
ミラの少しだけ膨らんだお腹と、自分のお腹を合わせて
挨拶をしてみたが、初めての海外交流、お腹の子は
何か感じるものはあったんだろうか。
PC040954.JPG
さて、名前である。

うちの子はどうしたものか・・・。
まだ先の事とは言え、名前は一生ついて回るもの。
おいそれと親の趣味を押し付けるのも悪いが、どこかで決めなくてはならない。
PC040955.JPG
今のところ、親切にしてくれたローランドの名前を借りて、
お腹の子への呼びかけは夫婦揃って
『ローランド』で統一している。
PC040956.JPG
噂では、出産ハイという状態が妊婦にはあるらしい。
通常の判断能力を無くし、あとから後悔するような名前を
勢いで付けてしまう
人も世の中にはいるという。
PC040962.JPG
『ローランド』をそのまま子に名付けようとしたら、
誰でもいいからヨメを止めて欲しい。

最後まで読んでくれてありがとうございます!
旅ブログと見せかけた妊婦ブログですが
今んとこ旅写真中心なんでそこんとこよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





最近のページ  次| 1/2PAGES |前>> 最初のページ>|