カテゴリ

〜初の子育てしてみ〜ひん?〜


旧ブログカテゴリへ

世界一周してみ〜ひん?
↑   ↑   ↑
2013年から1年かけて
夫婦で世界一周に挑戦しました。
旅慣れていないわたしたちの
様子はコチラからどうぞ!



1日1回のクリック
してみ〜ひん?
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周後・体験談へ にほんブログ村 子育てブログへ


〜 カレンダー 〜
(記事の更新日)

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

スポンサーリンク

月別アーカイブ



最近のコメント

【不安だらけで病院へ、そして衝撃の。。】- スペイン

2013.12.27 Friday  
 昨日夜から地域一帯の断水で、けんちと家族水入らずのさちこですこんにちはー!断水は既に解消しましたが、涼しいとは言え夏真っ盛りのクラビで、『目指せ汗をかかない一日』を過ごしました。ちなみに朝昼晩の食事は全部外食です。飲み物入れても一食200円以下。

本を読んだりネットしたり、youtubeで動画を見たり。だんだんクラビらしくなってきた〜。
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
バナーを手作りにしました↓応援クリックはコチラ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングとは?→ブログランキングについての記事
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
 

ヌリアの家、滞在最終日、ヌリアの粋な計らいで、
ジローナにある産婦人科でエコー検査を受けることになった。

「友達の妊婦と話したんだけど、
サチはエコー検査をまだ受けて無いのよね?」


ーうん、初期検査だけはベルギーで受けたんだけど。

1週間前行ったベルギーの病院で、次回エコーを受けるように
指示を受けていたので、何もせず待機していた。

各地を点々とする中、特にスペイン語圏で、
産婦人科検診の予約を取るのは難しそうだと
尻込みしていたら、
「早く看てもらう方がいい!」と、ヌリアが病院の予約を取ってくれた。

さすが頼もしい、ありがとうヌリア!

「エコー検査は100ユーロですって。」

保険が利かない妊娠絡みの診療費用を、
いくらかきっちり聞いてくれているあたりがまた助かる。

エコー検査初体験のさちこ、そしてけんち。
お腹の子の現状を知るのが楽しみで、同時に怖い。

妊娠は病気じゃないから、自然に任せていれば
するすると出産出来るはずだ、
そう最初は思っていた。

妊娠発覚後、インターネットで知った知識では、
全妊娠のうち15%ほどは、胎児が育たず途中で流れてしまうという。
特に最初の8週〜10週で流産は起こりやすいと。

つわりがあるから胎児が育っている、と
言い聞かせてはいるけれど、見えない身体の中のこと、不安である。

「サチー、リラーックス!」

付き添いのヌリアもけんちは、さちこと逆に
悪いことは考えない性格なのだ。

少しの待ち時間で通された病室に、3人揃って入室する。
女の先生相手に、ヌリアを通訳に、最終月経やつわりの様子を伝える。

先生から、妊婦さんはあっちへ、とさちこだけ
カーテンの向こう側のベッドへ誘導される。

ヌリアとけんちの気配をカーテン越しに感じながらも、
下着を取っているのが気恥ずかしくて、一人だけで
女医の先生とモニターを見つめた。

超音波カメラが身体の中に入るとすぐに、
先生が何かを捉えて静止画を取る。

「ここ、この部分が赤ちゃん。」

丸い中に窮屈そうに収まる、頭と胴体。
小さい赤ちゃん、見つけた!


感情をどう表現していいのか分からない。

「25mmが、今の体長よ。」

先生がまた静止画を撮る。ああ、けんちにも見せないと。

ーけんち!来ていいよ!見えたよ!

先生と目を合わせる。先生は大きな口を横に広げて笑っている。
英語だからか、あまり多くを話さない、けれど、
顔中で表現する笑顔が頼もしかった。

カーテンを開けて、けんちがさちこを見る。
仰向けに寝る、さちこの顔の横にある画面に気付いて、
けんちが画面に魅入る。

「ハートビート。」

トックトックトックトック

先生が言うと同時に、小鳥のように速い心音が聞こえた。

そのつもりはなかったけど涙が出た。
けんち、嬉しいね。

「すげー!」

けんちも、先生も笑っている。

そして、仕切りの向こうで待っているはずのヌリアも、
結局覗いて、
いたずらの最中のように笑っている。

赤ちゃんの、速い速い鼓動を聞いて、
お腹の子どもが実際に存在している!と
ガツンと実感させられた。

ヌリア、今日、赤ちゃんを見せてくれてありがとう。
PB290759.JPG
ヌリアの仕事休みの期間中、結局毎日一緒にいた。

その中でも、病院に行ってみんなでエコーを見た、
この最終日が一番印象に残っている。

病院を出て、近所の市場でイチゴとトマトを買い込んだら、
バルセロナ行きの列車に乗るため、駅へ移動した。
PB290778.JPG
PB290764.JPG
PB290775.JPG
ヌリアはホームまで着いて来てくれた。

「赤ちゃんの鼓動を聞いて、サチはハッピーね!!」

ヌリアの口癖は、「ハッピー?」だ。
してもらってばかりのわたしたちが、「サンキュー!」と言うと
いつも彼女は「ハッピー?」と聞いて来る。

さっき買ったイチゴをペットボトルの水で洗って、
齧ると少し固くて、甘酸っぱくて美味しかった。

ー美味しい!

「サチー、ハッピー?」

ーもちろんハッピーだよー!!

わたしたちが買った倍の量のイチゴを買って、
バイバイと手を振るヌリアも幸せそうだった。

ヌリア、たくさんのハッピーをありがとう。

最後まで読んでくれてありがとうございます。
幸せを噛み締めることは多いですが、
「幸せ!」と口に出すのも悪くないですよ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





【言えますか?「私はもう全部持ってる!」】- スペイン

2013.12.26 Thursday  
 メリークリスマス!2013年も残り1週間ですねさちこですこんにちはー!昨日のイブはさくらツアーの次女さくらの誕生日でした。日本からの旅行客や駐在員さん、そして地元のお友達を交えたパーティーは誕生日祝い兼クリスマス会!

実はタイミングを同じくして、ブログ友達『アジアゲストハウス【子連れパッカー】』のLOOさんが駆けつけてくれたんですよー!おかげで賑やかで楽しいイブを過ごさせてもらいました!あ〜楽しかった!
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
世界一周未遂のブログですが、応援お待ちしております。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングとは?→ブログランキングについての記事
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●


長々とお世話になったヌリアの家を離れるということは、
スペインを去ることに他ならない。
ヌリアと過ごすスペインの日々も、あと数日となっていた。

山もあるよ、海もあるよ!と
地元カタルーニャへの愛を家族ぐるみで
見せてくれたヌリア一家、ある日は昼食会にお呼ばれし、
PB290756.JPG
ある日はお父さんのナビでドライブをし・・・。
PB260677.JPG
そんなヌリア一家と過ごした日々の話。

ある日、ヌリアのお母さんから、
「スペインの家庭料理を振る舞うから、遊びにいらっしゃい!」
と声が掛かったとき、ネガティブさちこはまず不安になった。

このとき、さちこは妊娠8週目。

ひどいつわりに悩まされており、
料理の匂いで食欲を無くしたり、トイレに駆け込んだりと
食事はおろか、家族の食卓で迷惑をかけるかもしれない。

それでも、是非にとヌリアに誘われ、子持ちの姉も交えての
食事会に出かけることになった。

ヌリアの生まれ育った町までは、車で30分程だった。
たった30分のドライブなのに、両親の家に着いてすぐに
さちこは吐き気に襲われトイレに駆け込んだ。

かつては妊婦だったお母さんは、さちこを労ってくれ、
気分が紛れるお茶やフルーツを勧めてくれた。

食事の前にすいません。みかん頂きます・・・。

どうやら今まさに料理のクライマックスらしく、
湯気とともに海鮮の香ばしい匂いが漂って来る。
PB260672.JPG
「さちこ、匂い大丈夫?」

さちこが日に何度も吐く姿を見慣れたけんちも、
さすがに部屋に充満する料理の匂いを気にして気遣ってくれる。

ーうん、大丈夫・・・。

無理をしているわけではない。実際、大丈夫だった。
PB260670.JPG
これまで苦手だったチーズやオリーブオイルの香りも、
食卓にきれいに並んだときには平気だった。
IMG_9140.JPG
お腹の子、空気読んでる・・・!偉いぞ!

お父さんとヌリア姉、そしてヌリア。
ヌリア姉の子どもは、目の前に座る日本人を睨みながら
スープ用のクルトンを齧っている。

警戒を緩めない姪っ子とにらめっこしながら食事が始まった。

前菜に、タコのカルパッチョと生ハム、そして
ポタージュスープを出してもらい、その全部に
けんちは舌鼓を打つ。

「美味しい!」

さちこも、スープをすする。美味しい。

お母さんは座らず、スープが空になると
おかわりを聞いて回り、メインのごはんを勧めてくる。
甲斐甲斐しいお母さんがよそってくれたごはんは、
カタルーニャの名物だという『ブラックライス』
イカの出汁を、お米にたっぷり吸わせて作るそうで
ものすごく美味しかった。

パエリアを食べ損なってたけど、こっちの方が美味しいかも!
けんちも同じく、ブラックライスはどうやら日本人好みらしい。
PB280747.JPG
※参考、レストランでもブラックライス。小さい蟹入り。激ウマ!

食後のお茶をそれぞれに頂きながら、
カゴに盛られたフルーツを、それぞれが好きなものを取り、
ナイフで皮を剥きつつ、話をする。

「よく、いらっしゃいました。」

ヌリアの両親は30年以上前日本に2度来たことがあるそうで、
お父さんは日本語が少し話せる。

語学が好きだというお父さん、
英語はからっきし話せないお母さん、
そして外国人慣れした姉とヌリア。
相変わらず眉間の皺が取れない姪っこ。

食事会をしたこの日以外にも、結局何度かヌリアの家を
訪れ、その度にフルーツをたくさんお土産に持たされた。
IMG_9219.JPG
バルサの年間シートパスを貸してくれたおじさんの家も
もう一度訪ねてお礼を言った。
PB260669.JPG
※ヌリアの家系の伯父さんはヌリアにそっくり!

旅の途中でひょっこり知り合っただけのわたしたちに、
家族ぐるみでよくしてくれるヌリア。

何かしてあげたいね、とけんちと話して、
ヌリアが挑戦したいと言っていた寿司作りで、ほんのり恩返し。
IMG_9160.JPG

IMG_9166.JPG
全員が巻き寿司初挑戦で、マキス代わりに
ランチョンマットを使う、勿論、しっかり洗って。

初めて知ったけど、巻き寿司って、巻くまでは出来ても
切るのは本当に難しい。

「あぁ!つぶれる!」
IMG_9174.JPG
純日本風の具材ではないけれど、彩りだけは『巻き寿司』の完成である。
IMG_9181.JPG
「わたしそのうち寿司屋をやろうかしら」
作るのはさておき、底抜けに明るいヌリアは
きっと客商売に向いている。
IMG_9186.JPG
リアクションが大きいヌリアに喜んでもらえて、
けんちとさちこもホッとする。
IMG_9189.JPG
ちなみにさちこは、匂いに負けて卵を焼くこともままならず
最後まで具材の準備を頑張ったのは結局けんちなのだけれど。
IMG_9190.JPG
※ワインで顔がブタと同じ色。
テーブルに置かれたブタの貯金箱は、
旅行好きなヌリアとマルティンの次の旅行資金になる。
毎日寝る前に、次に行きたい場所をお互いに一つ挙げ、2ユーロコインを
入れては旅行を夢見て、二人はキスをしていた。

ヌリアは、自分も他人も喜ばせることがとても上手だ。

ヌリアが繋いでくれた人の輪は、もちろんヌリア抜きには
あり得なかった。

あるとき、車の中でヌリアがしてくれた話を思い出す。

「子どもの頃、お父さんにクリスマスプレゼントに
何が欲しいか聞かれたんだけど、
でも、わたしは何でも持っているから。
友達も家族がいて、パラフルジェールがあって、
海もあって、何でも持っている。だから、何もいらないの。
プレゼントを聞かれても、『もう、全部持っているわ!』って
答えてたの。そして、今も同じ。プレゼントは要らないの。」


ちょうどクリスマスを迎える日に、
けんちと1ヶ月前のヌリアの話を思い出した。

そういえば今年のクリスマス、けんちもさちこも
特別欲しいものが浮かばなかった。

離れているけれど、親がいて、友達がいて、
好きな人が生涯の伴侶で、お腹には子どもがいる。
お金は減る一方だけど、健康な身体があるからどうとでもなる。

すでに満ち足りているということの幸福を、
旅を終えた来年の今日も感じることが出来るだろうか。

きっと、来年も。

最後まで読んでくれてありがとうございます。
ヌリアの話をちょうどクリスマスに書けてよかった・・・って
日本時間は26日だったりする。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





【帰る場所】- スペイン

2013.12.22 Sunday  
 クラビで最初の週末を迎えました、さちこですこんにちは〜!タイ・クラビで御馴染みのウィークエンドマーケット、や朝市。歩いても行けるんですがバイク3人乗りだといかにもクラビにいる感じ!

日本だとヘルメット必須だし3人乗りは出来ないもんね〜!ってここでも『一応』違法だった!笑
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
旅は終盤ですが、ランキング参加してます、応援クリックはコチラ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングとは?→ブログランキングについての記事
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●


けんちとさちこにとってのスペイン旅は、相変わらず
旅の途中で知り合ったヌリアを中心に回っていた。

週末のある日、ヌリアが提案した。

「今日、仲間とBBQやるから、一緒に行きましょう!」
PB240574.JPG
まずはヌリアと一緒に、ヌリアの恋人マルティンの実家を訪ねる。
マルティンのお母さんが、BBQの手みやげにと
スパニッシュオムレツを作ってくれたから。
PB240596.JPG
マルティンの両親が暮らすのは、ヌリア達の町から少し離れた山間にある、
教会を中心にした、小さな小さな石造りの町。
PB240580.JPG
住民は200人程だという町だから、ほとんどの人が
日本人を見るのは初めてらしい。

マルティンのお母さんが、急に押し掛けたけんちとさちこを
目をまん丸にして迎えてくれた。

きれいな銀色の髪をふわふわにカールさせて、
小さくてかわいらしい『おばあちゃん』のお母さん。

ーはじめまして〜こんにちは〜。

挨拶しに近づいたさちこの両腕を撫でて、
お母さんは困ったようにマルティンを振り返った。

「この子達に、挨拶のキスをしてもいいの?」

と聞いてきたのだそうだ。

かわいい!お母さん!いいですよー!!

お母さんのいい匂いを味わいながら、両方の頬に挨拶のキスをしてもらう。
日本人は挨拶のときキスをしないという話を、どうやらヌリアが先にしたらしい。

お母さんからオムレツとワインを受け取ってから
マルティンの家を後にしたのだが、
居間で客人の相手をしていたお父さんが、実はその後
「日本人が来たよ」と聞かされて、慌てて外まで飛び出したそうだ。
PB240608.JPG
※マルティンが建設中の石の家は、昔ながらの手作りの家。

そのころさちこたちは車で出発した後だったのだけれど、
自分の家に外国人が来たら、やっぱりちょっとした騒ぎになるだろうと
遠く島原の町を想像してにやけた。
PB240589.JPG
見知らぬ日本人を、家族の友人だからと暖かく迎えてくれる
ところが、カタルーニャのいいところ。

ヌリアの友達を誰も知らないまま参加する事になったのだけれど、
『類は友を呼ぶ』は本当で、賑やかで優しい人達が集まっていた。
PB240621.JPG
家族同様、友達の友達は友達なんだろう。

両頬にキスをされながら、抱擁して挨拶をする。
名前を言って、旅をしてるんだよ、と自分のことを少し話す。

「オラー!」

次々新しい友達が集まる。

誰が来ても、全員と抱擁しキスをし、各々が長い長い
近況報告で盛り上がる。


すらすらと英語が話せる人もいれば、
さちこたち位の、簡単な会話で強引に話す人もいる。

それでも、けんちとさちこの旅に興味を持ってくれて
これまでの道のりを聞いてくれたり、ヌリアと出会ったインドの
話をしたりと一通りみんなと話が出来た。
IMG_9062.JPG
挨拶さえしてしまえば、あとは気が合う人同士
代わる代わる盛り上がっている。
IMG_9061.JPG
個人主義な感じが新参者のさちこたちには心地よく、
ずっと気を使われるよりもよっぽど居心地がよかった。
PB240626.JPG
どんな集まりなのかと様子をうかがっていたが、
どうやら小さい頃からの友達だったり、
大人になって共通の趣味のスポーツで加わった友達だったりするようだ。

趣味があると、大人になっても友人を作りやすい。
ちょうど、けんちとさちこが旅を間に挟んで
世界中で友達が出来たように。

PB240619.JPG
小屋を貸し切ってのBBQは、さちこには珍しい。
火をおこし薪をくべ、それぞれが自分用に持ち寄った肉を
自分たちのタイミングで焼き、食べるらしい。
PB240645.JPG
日本だったら、「俺お酒担当ね」「わたし達おつまみ作って来るね」
と平等に持ち寄るか、みんなで材料を買い求め、割り勘する
流れが多いので、食べ物まで個人個人というところが
日本と違って、意外だった。

健康志向のヌリアが持って来たのはウサギの肉。

「脂肪が少なくてヘルシーなのよ!」
IMG_9077.JPG
とは言え、けんちとさちこは初めて食べる。
鶏ササミにそっくりの肉は、食べやすく美味しかった。
PB240636.JPG
途中で、サプライズバースデーパーティに様変わりし、
同じ日誕生日を迎えた3人の仲間を、みんなでお祝いしていた。
PB240651.JPG
祝う方も、祝われる方も、本当にみんな嬉しそう。
PB240658.JPG
そういえば、自分もそうだった。
友達の誕生日やおめでたい出来事を、
祝う側でも、すごく楽しみだった。
PB240662.JPG
そういうことを考えていたら、日本の友達を思い出す。
学生時代からの友達、仕事で知り合った友達、そして
大阪で出来た新しい友達。

お互いの誕生日を、いつも一緒に過ごした友達、
結婚式をしていないさちこたちの為に、おうちパーティを
開いてくれた友達。

IMG_9107.JPG
会いたいなぁ。

特別何もお祝いじゃなくても、何かのお祝いでも、
会ってわぁわぁ、最近あったそう面白くない話をして、
ああそういえばってツルツル思い出したどうでもいい話をしたいなぁ。

ヌリアたちのあったかい集まりを見ていたら、
自分が帰る場所を思って、じんとした。

PB240664.JPG
※19は3人のお誕生日、それぞれの人形付き。・・・緑のケーキで度肝を抜かれた。


誰とでも友達になれるヌリア、
既に4度目のパーティをされているヌリア。
お誕生日おめでとう!

お昼から始まったパーティは、結局8時まで続いて、
何度も薪をくべられた暖炉はその間ずうっとパチパチと
みんなを暖めてくれた。
PB250665.JPG
すっかり全身が焼き肉臭くなって、1日掛かりで
全身丸ごと洗濯した
というのは、また別の話。

最後まで読んでくれてありがとうございます。
一人遊びが好きでお友達が少ないと思っていたけれど
そう言えばあの子やあの子、会いたい人は日本に、世界にたくさんいる!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





最近のページ  次| 1/3PAGES |前>> 最初のページ>|