カテゴリ

〜初の子育てしてみ〜ひん?〜


旧ブログカテゴリへ

世界一周してみ〜ひん?
↑   ↑   ↑
2013年から1年かけて
夫婦で世界一周に挑戦しました。
旅慣れていないわたしたちの
様子はコチラからどうぞ!



1日1回のクリック
してみ〜ひん?
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周後・体験談へ にほんブログ村 子育てブログへ


〜 カレンダー 〜
(記事の更新日)

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

スポンサーリンク

月別アーカイブ



最近のコメント

【「親切」は返すものではなく繋げるもの。】- ベルギー

2013.12.13 Friday  
 聞いた話では日本は寒いらしいですねぇさちこですこんにちはー!以前ミャンマーで知り合ったタイ在住の日本人ジョニーさん(ややこしいな)のお宅訪問2度目、今回もマンションの設備、プールを使わせてもらいました。なんたって夏日ですから。
photo (3)-002.JPG
って思ってたけど、案外夕暮れ時は寒く、速攻でギブアップしました・・・。
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
バナーを手作りにしました↓応援クリックはコチラ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングとは?→ブログランキングについての記事
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●


リリーとアレックスの家で暮らすベルギー・ブリュッセルの日々、
食事はいつも彼らと一緒。
PB170286.jpg
※アレックス特製、マッシュポテトとミートボール(と言う名のハンバーグ)
PB170288.jpg
アレックスが作ってくれたり、けんちが日本食を作ったり。
※さちこは匂いが駄目で遠巻きに指導係をしキッチンから逃げました。


ブリュッセルに長期滞在した目的は色々あれど、
妊娠初期の検査を受けたい!
ということでようやく病院へ行ったさちこ。

予約を入れた当日。公立の病院ということで混み合っていた。

「さち、今日はここに妹が来るから。」

仕事のため付き添いが途中から出来なくなったリリー
「さちが困らないように」と、妹・ディディを呼び出してくれたのだ。

数日前に紹介され、一度一緒に食事をしたディディ
年下なのにハキハキして、機転が利きいかにも頭がいい。
PB170289.jpg
姉妹揃って英語が堪能なので本当に心強い。
医者に向かって気が利いた質問もしてくれるし、
血液検査などの結果も後日受取に行ってくれると言う。

何から何まで助けてもらって、本当に有り難かった。
PB119729.jpg
自分が逆の立場になったとき、こんなに人に優しくできるだろうか。
PB119730.jpg
『人から親切にされたら、次の誰かへ繋げる』
PB119731.jpg
マレーシアで最初に会った時から、リリーとアレックスは言っていた。
PB119737.jpg
さて、病院受付での話である。

「日本人?ああ、サッカー観戦の為に来たの?」

翌日が日本代表対ベルギー代表戦というタイミングだったため、
受付や、病院の先生に声をかけられた。

「サッカー、明日だね!楽しみだね!」

吐き気止めの薬をもらいにいった薬局でも同様だった。

ベルギーでのサッカー人気はかなり高いようだ。

ーさぁ、明日のサッカー、どこで見ようか・・・。

けんちはお酒を飲みながらワイワイ見るよりも、中継に集中したいタイプである。
一方、滞在先のアレックスはテレビを持っていないので
いつもはバーでお酒を飲みながら見るらしい。

妊婦さちこもいる、じゃあ落ち着いた場所がいいだろうと言うことで、
またも白羽の矢が立ったのが
リリーの妹・ディディであった。

ディディと同居中の婚約者ニコライは、とてもサッカーが好きらしく、
快く我々一同を受け入れてくれた。
もともと仲が良い姉妹で、しょっちゅう一緒にご飯を食べているようだ。

訪問前に、招いてくれたお礼にケーキを持って行こうと思い立ち、
今日で最終日となるブリュッセル旧市街をぶらぶら歩く。
PB190299.jpg
前回に増して日本人が多い。
PB190298.jpg
※と言いながら写真にそれほど日本人が写っていない。さちこのミスである。

今日歩いている日本人のどれほどが、スタジアムで
サッカーを見るのだろう、羨ましい話だ。
PB190301.jpg
つわりの中、無事にお土産を買い帰宅したが、
長時間街を歩くのが、実はしんどかった。


ー夜、みんなとワイワイ出来るかな・・・。

不安を抱えながら、リリーの車でディディ達の家へ向かった。

リビングには、驚くべき光景が広がっていた。
PB200316.jpg

テレビが三台である。

常設のテレビの隣に、二台のパソコンが並べられ、
ヨーロッパで行われているW杯予選の二組と、
日本対ベルギー戦を全て見ようとしているのだ。

ニコライの心意気はけんち以上だった、参りました。
PB200305.jpg
ヨーロッパの人は本当にサッカーが好きなようで、
ビールの缶にもサッカー選手が載っていて、
PB200313.jpg
自称サッカーに疎いリリー姉妹ですら、選手の名前を知っていた。
それほどに、サッカーは国民に浸透しているようだ。
PB200314.jpg
そんなベルギービールを飲みながら、
大量に買って来たフレンチフライとジャンクフードで
サッカー観戦の夜は更けて行った。
PB200310.jpg

みんな、楽しい夜をありがとう!

・・・と仲良く締めくくるはずが、
FIFAランキング5位のベルギーに対して日本が勝利するという
大番狂わせが起きてしまい、ニコライの怒り興奮は収まらず。

勝負を売られたけんちは、PS3のFIFAサッカーゲーム
惜しくも負けるという結果に終わったのだった。

ベルギー人、負けず嫌いか!

最後まで読んでくれてありがとうございます。
ベルギー戦を制した日本チームのことを、いいチームだ!と
言われて誇らしかったです。サッカー観戦、たのしーい!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





【言葉が分かるというストレス】- ベルギー

2013.12.12 Thursday  
 おまっとさんでした、年中夏のタイにやって来ましたさちこですこんにちはー!今回滞在するバンコクのゲストハウスは日本人街のすぐ近く、なんでここにしたかって言うと、『横井うどん』バンコク店があるからです♡早速夜の営業時間に突撃して食べて来ました!
photo (2)-001.JPG
一種類で収まらず、けんちと二人で三種類(内一つはLサイズ)を頼んでシェアシェアしました。ああ、うどん。本当に美味しいよ、うどん!
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
世界一周ブログ、今はベルギー編です。ブログはまだまだ続くよ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングとは?→ブログランキングについての記事
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●


ベルギーにやってきた最初の土曜日は、けんちが待ちに待った
アレを見に行く日。

サッカー日本代表 VS オランダ代表戦である。

なぜか両チームの試合がベルギーで行われるということで、
ちょうど時期を同じくしてベルギーに滞在予定だった
けんちが、試合を見るチャンスを逃すわけが無い。

「チケット二人分取れた!」

あれよあれよと言う間にチケットを購入していた。

友人宅に滞在している分際で、
二人だけで観に行くのもなぁ、と心苦しかったが、
ベルギー人にはさして興味もないだろう日本対オランダ戦を
付き合わせるのもどうかと言うことで、
結局二人で出かけることにした。

11月の、とても寒い日だった。
PB160172.JPG
この試合から3日後、日本代表はベルギー代表との親善試合を控えていた。

日本の旅行会社におかれましては、
これほどいやっほうなチャンスも無かったのだろう、
あっという間にベルギー戦とオランダ戦の二試合観戦ツアーを組み、
チケット込み、ベルギー観光込みで日本国内で
販売が開始されたそうだ。

じゃあその試合を友人カップルと4人で観に行こう、と
計画していたら、なんとベルギーで売り出されたチケットは
あっという間に完売してしまったので、
代表戦を生で見られるのは、この日行われるオランダ戦のみである。

オランダ戦だし観客も少ないだろうね、と
駅へ行くと、こんなに日本人がいたのかというくらい、
スタジアムがあるゲンク行きの列車を待つホームには
たくさんの日本人がいた。

サムライブルーのシャツを来た人は流石にいないが、
恐らくみなサッカー観戦だろう。

みんな日本から来たのかと思っていたが、
周りの話に耳を澄ますとそうでもなさそうだった。

どうやらヨーロッパ駐在の会社員の方やご家族、
同じくヨーロッパ留学中の学生さん達が多いようだ。

ほぉほぉほぉ、羨ましいですなぁ・・・。

ヨーロッパに住んでいる、というのは
こんな利点もあるのだ。


日本だと、日本代表の試合のチケットなんて
高い上にどうやって購入できるのかすらよく分からない。
ファン層が薄い海外在住組はこの点たいへん羨ましい。

ちなみに、さちこがこういった会話に参加せず、
車内でただ聞き耳を立てていたのかと思われるかもしれない。

違う。違うんだ。

日本人の声は、響く上にでかいのだ。


自慢が入った語り口調は特によく響く。
青年期の男性の声はもとより、変声期前の生意気なお子様の
声も存分に聞かせて頂いた。

「ねぇこれ(快速列車を指す)グリーン車ないの?」

「新幹線よりしょぼいね、シートも倒れないし疲れたよ。」

「着いたらソッコータクシーに乗ろうよ。」


ああ、言葉が全部理解できるって、ホント厄介。

ゲンク駅で列車を降り、ここからどうしようと思っていたら、
スタジアム直行の無料シャトルバスが停車していた。
乗り込んで満員になったところでバスが発車、
バスは9割9分日本人だった。

「すっごいど田舎なんだけどー!」


あら、聞き慣れた声がする、と思っていたら
先ほどのお子様が通路を挟んで隣に座っていた。
どうやら親はタクシーよりも無料のシャトルバスを取ったようだ。

「バス、乗せ過ぎだよ、日本人ばっかじゃん。」

お前もその一人だよ!!(心の声)


後ろ向きな発言しかしない人が
如何に周りをいらだたせるかを彼から学んだところで
バスはスタジアムに着いた。

空は薄曇り、朝から霧が濃く、かなり冷え込む。
PB160276.JPG
「さちこ、体調は?」

ーちょっとお腹空いたかな・・・お弁当食べとこう。

今日朝からこさえた梅おにぎり6つをいくつかつまむ。
水筒には暖かいお茶。さぁ、スタジアムへ入ろう!

時間ギリギリに到着したようで、入場を終えた選手が
既にスタジアムに広がっていた。
PB160173.JPG
会場の入りは、恐らく良くない。
日本対オランダの試合をベルギー人が見るとは思えない。
恐らく、日本のサポーターか、オランダのサポーターである。
PB160183.JPG
オランダサポーターの席はいくつかに集められている。
もちろん、日本サポーターも同じで、周りは日本人ばかり。

「本田ー!香川ー!」
日本人サポーターがボールを持った選手に声を掛ける。
PB160174.JPG
いくらさちこでも、見た事がある選手ばかり。
ドイツで見た長谷部、清武、そしてマンチェスターで見た
香川は、特別応援したくなる。
PB160218.JPG
既にけんちは試合に集中している。

「かっこいいぃぃぃ!☆本田さぁああん!☆」


さちこも集中したかったが、どうにも
周りの声が気になってしょうがない。
PB160182.JPG
「本田さぁあああん!☆きゃああああ!!☆」
「いやぁあああ!☆香川さんと本田さんが並んだぁあああ!☆」


どうでもいいがヨメの旧姓はホンダである。
ホンダさんと呼ばれると若干気になる。

「すごいすごいすごいぃぃぃん、長谷部さぁん!☆かっこいい・・・っ!!☆」

先ほどからきゃんきゃん叫んでいるのは
男性二人と一緒に観戦中の、一人の女性である。

彼女はひたすらボールに触れた選手の名前を連呼するのだが、
騒ぎ方が黄色い声援ところじゃなく、ピンクである。
PB160230.JPG
「はぁあああん、☆すごぉぉぉいいいいんん・・・っ!☆」

気になっていたのはさちこだけではないらしく、
けんちも、そして周りの日本人グループに便乗したらしい
外国人のおじさま何度も振り返って声の主を確かめていた。
PB160193.JPG
途中で点が入ったときは
彼女の興奮が凄すぎて倒れるんじゃ無いかと思ったが、
彼女は倒れる事も、声を嗄らすこともなく、試合は同点で終わった。

「はぁあああ、素敵すぎるぅうう、もぉおお!☆」

この日の内容が勝てる試合だったのに、とか、
オランダ相手に同点は素晴らしいとか、
日本代表に感動をありがとうとか、いろいろ思うところはあったのだが、PB160270.JPG

PB160269.JPG
日本人の声って、気になるな、というのが
この日一番の感想になってしまった。

PB160279.JPG
さて、日本人選手団がバスで帰るというので
初めて出待ち、というものをしたのだが、
PB160280.JPG
この日は本当に寒く、40分近く待ってバスが通ったときには
誰が誰か全く見えなかったが、後から聞いた話では
香川選手笑顔で手を振ってくれていたそうだ。

今日のMVPは、香川選手に!!

最後まで読んでくれてありがとうございます!
試合を見たのがずいぶん前のような気がしますね〜。
この後のベルギー戦はどうしたのかって?それはまた別の話!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





【生死に関わる一大事!だけど海外旅行保険は適用外】- ベルギー

2013.12.05 Thursday  
 今日は再会したドイツの友達、ローランドとの最後の夜です、さちこですこんばんはー!急遽夜ご飯を一緒に作ることになって「パスタとソースがあるから簡単にパスタ作るよ!」って言ったら

「それは学生の食べ物だよ!」と野菜をたっぷり足されました。ずさんな食生活が恥ずかしかった最後の夜・・・。すいません、つわり中で料理が苦手で(言い訳)。
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
明日は移動なのに、荷造りよりブログを優先中。応援クリックはコチラ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングとは?→ブログランキングについての記事
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●


友人宅に滞在というのは気楽なものだ。
ましてそれがカップルの場合、なおさらである。

ベルギーの首都、ブリュッセルに住むリリーとアレックス
旅で出会っただけのさちことけんちにとても親切だった。

この時期はつわりが一番ひどい、妊娠初期だった。

朝からアレックスがこっそり起きて、
全員分の朝食を一人で買いに行く姿を、眠りが浅いさちこは気付いていた。

ブリュッセルは寒い。なのに、なんて優しいんだ、アレックス。

朝から買い物へ行き、そしてオエオエうるさいさちこに、
炭酸水は?コーラは?りんご食べる?とあれこれ尽くしてくれる。

アレックスの彼女、リリーが羨ましい。
が、リリーもとても私たちに親切にしてくれる。

仕事を調整して昼間戻って来てくれたり、
自分の部屋なのに遠慮してタバコを吸ったり。

そんなリリーに産婦人科のことを相談したのが出会った初日。
そして月曜日、リリーは、通常営業になった病院に、
早速予約の電話を入れてくれた。

ブリュッセルには、公共の病院と私立の病院があるらしい。
公共の病院は、医療費は安いがいつも混雑しているし、
私立の病院は治療費が高めで、予約が取りにくいらしい。


どっちがいい?と言われても、
正直、初期検査が出来るならどちらでも良かった。
だって、海外旅行保険入ってるしね!

が、実は妊娠に関わる医療費は、
海外旅行保険の適用外なのだった。


ということは、いくらかかるか分からない
血液検査諸々の費用が、自腹ということだ。

じゃ、じゃあ安い方で、というのが本音だったが
リリー掛かり付けの私立の先生だと、間違いなく女医だと言う。

ー女医か〜・・・。

産婦人科検診と言えば、下半身丸出し、開脚しての検診である。
既婚であっても恥ずかしい。なるだけ女医がいい。

ーじゃあ、おんなじ私立の病院がいいかなぁ・・・。

「でもあそこは忙しくて、1ヶ月先の予約になるの。」

1ヶ月先は流石にここにいないだろう、
ということで、緊急病院を兼ねている近所の病院に
白羽の矢が立った。

結局公共の病院である。

「さち、予約が取れたよ!来週火曜日、病院に行きましょう!」

もちろん、その時は彼女がついて来てくれるという。
ブリュッセルはフランス語圏である。
病院の先生であれど、英語が話せるとは限らない。
彼女がついて来てくれるのは、かなり心強い。

正直、子供を授かったと知った時、
一番最初に浮かんだ考えが、
「インドでだって子供が産まれて育ってるんだ、
初期検診をしてもしなくても、大丈夫だろう。」

だった。

アジアの、とても医療制度が整っていそうにない国でも、
子供はすくすく育っている。

だから自分も、検査は必須じゃないんだろう、と。

初期検診の重要性が、実はピンと来ていなかった。

が、医者である旅友達の一人に相談をしたところ、

「子宮外妊娠の可能性だけは、
検査を受けて否定しておいたほうがいい」

と言われたのだ。
※ツネさんその節はアドバイスありがとうございました。


子宮外妊娠?

本来着床すべき子宮でなく、卵管などに受精卵が着床した場合、
大きくなった卵に耐えられず卵管が破裂して出血、
生死に関わる一大事
になりかねないのだという。

耳慣れない言葉を聞いて、そして調べて初めて、
「早く検査を受けなくては・・・!」
と焦り始めたのだった。
※妊婦にストレスは厳禁です。こうならないためにも、初期検診は必ず受けましょう。


さて、無事に病院に行ける事になったけれども
それはまだ1週間先の話である。

今、子宮外妊娠の可能性は、まだ否定できていない。
できていないというのに、病院を予約しただけで生じる
安心感
は一体なんだろう。

ー病院行く日まで1週間あるし、パリでも行こうか!

そうしてけんちとさちこは、
ぽっかり空いた数日を、まさかのパリ旅行にあてがうのだった。

次回、魅惑の、パリ編!

最後まで読んでくれてありがとうございます!
今日のイラストを描いてたら、登場人物であるローランドが
気に入って、さちこより先にFBにアップロードしちゃいました。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





最近のページ  次| 1/2PAGES |前>> 最初のページ>|