カテゴリ

〜初の子育てしてみ〜ひん?〜


旧ブログカテゴリへ

世界一周してみ〜ひん?
↑   ↑   ↑
2013年から1年かけて
夫婦で世界一周に挑戦しました。
旅慣れていないわたしたちの
様子はコチラからどうぞ!



1日1回のクリック
してみ〜ひん?
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周後・体験談へ にほんブログ村 子育てブログへ


〜 カレンダー 〜
(記事の更新日)

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

スポンサーリンク

月別アーカイブ



最近のコメント

【妊婦なのに早速やらかした話】- ベルギー

2013.12.03 Tuesday  
 10日振りの移動でヨーロッパ最後の地、2度目のドイツからさちこですこんにちはー!今回も飛行機での移動だったんですが、フライト中に、それまで静かだった後ろのおじさんの様子が急変したんです。

シートを蹴ったり奇声を発したりした理由は、孫がじぃじの席へ遊びに来てテンションがあがったせいだったそうな・・・本当にびっくりした。うちの父キヨシもこうなるんだろうか。
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
妊娠してからも、ヨーロッパ旅楽しんでます!応援ありがとう。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングとは?→ブログランキングについての記事
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

※今日は写真がないので本文に関係ない、ヘルシンキの町の様子をお届け。
PB089495.JPG
妊婦は無理をしちゃあいけない。

妊娠を知った友達からも「おめでとう」の次に言われた言葉、
「無理しないでね!!」

知っていても、やらなきゃいけないときがある。
それはヘルシンキ最終日にやってきた。

ザ・空港泊である。

翌朝6時のフライトに合わせて、前日23時頃に空港へやってきた。
ヘルシンキに住むケイタくんに見送られて深夜の空港へ到着すると、
案の定ヘルシンキ空港は賑やかだった。
PB089496.JPG
話は10日程前に戻る。

同じ空港から、イヴァロへ移動する際、搭乗待ちロビーの
ソファーで夜を明かした
事があった。

広いフロアのそこかしこにある、ゆったりとした長椅子では、
案外色んな人が眠っている。

あそこなら妊婦のさちこでも、ストレス無く寝られるだろう
判断してのことだった。

だって、ねぇ。

妊婦が空港泊なんて、ねぇ。

空港泊の経験だけは豊富だからって、ねぇ。

無茶は禁物、それを分かっている上での、今回の判断だった。
ヘルシンキ空港なら、無茶じゃない。
今までで一番快適に眠れる空港なのだ。
※そのうち空港泊情報ページを作ろうかと思うくらいである。


もう、きっと最後の空港泊だね、と、油断し切って万全の体勢で
空港に乗り込んだのだった。

PB089502.JPG
が、今回利用した航空会社はスカンジナビア航空
これがくせ者だった。


23時、日付が変わってからもフライトはあるため、
利用客はそれなりにいた。

けんちが、自動チェックイン機を探し、
いつも通りに予約番号を入力する。
PB089503.JPG
自動チェックインとは、事前にメールで受け取った予約番号さえ入れれば、
列に並ばなくても搭乗券を印刷できる優れものである。

列に並ばないので、機内預けの荷物は自動預け入れカウンターから
預ける手続きをしなくてはいけない。


搭乗券を持ち、荷物の預け入れカウンターを探す。

ヘルシンキ空港は広い。ターミナルはいくつかあり、
結局端っこまで歩いて来た。
PB089497.JPG
『セルフチェックインカウンター』と書いてある窓口を、
ターミナルの隅っこに見つけた。

荷物を預ければ、あとはセキュリティチェックを受けて、
ラウンジスペースへ入って眠れるのだ、もうひと頑張り!


と、先に無人のカウンターで機械をいじっていたけんちが言った。

「あれ、これ、動かない。」

ーえ?動かないって?

「まさか」


まさかだった。

スカンジナビア航空の、無人セルフチェックインカウンターは、
営業時間が23時までだった。

おーーーーーーーーい!!!
スカンジナビア航空さん!!


インフォメーションの窓口まで行き、泣きついてみたが、
こればっかりは航空会社の人でないと対応してもらえないそうだ。

結局、それ以上の手続きは、明日にならなくては
進める事ができない
ということだ。

時計は23時半。

ー・・・。

「・・・。」


今日、どこで寝よう。
妊婦なのに、空港の床で寝ろってか。

一応堅いながらもベンチがあって、
そこで体を横たえることができそうだった。

が、あいにくそこは人が出入りする自動ドアの真横だった。

ー・・・。

「・・・。」


かといって、ここからホテルに移動する時間もない。

寒い、固い、騒がしい。

三重苦を耐え忍び、4時間弱を無理矢理眠ることにした。

ダウンジャケットを着たまま寝袋に潜り込むと、
次第に寒さが気にならなくなった。
PB089505.JPG
けんちはというと、あっという間に深く眠っている。
けんちは元々野宿も厭わない、原付で日本一周経験者なのだ。

さちこも、なんだかんだで眠気が襲って来た。
ロビーの灯りは煌々とまぶたを照らすが、なんだかんだ眠れそうだ。

ー電気がついてたら眠れないって、よくけんちと言い合いしたっけ・・・。

旅の間に、センシティブだった自分はすっかり遠くなってしまった。

母はどんどん強くなっている、が、子は果たして。

お腹の子が元気に育っているのか、早く病院で診察を受けたいと
思いながら、お腹に手を当て最後の空港泊を乗り切ったのだった。


さらにこのスカンジナビア航空で、
ラトビア乗り継ぎを経てベルギーへ到着したら
荷物が届いていないという旅始まって以来初めてのトラブルが
起こるのだが、それはまた、別の話。

最後まで読んでくれてありがとうございます!
過酷な状況でも子供が生まれ、育っている世界を見ていると
なんとなく「自分はぬるいな」と思うんですが、どうでしょう。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





【妊婦でもカウチサーフィン、感謝の仕方】- フィンランド

2013.12.02 Monday  
 つわりが治まったかと思ったらやっぱり治まってなかったさちこですこんにちはー!日本食以外食べる気がせず、今日は日本食屋へ入ってざるそばをオーダーしました。入った瞬間、「やっぱりここも中国人経営か」と気付いたんですが、ざるそばで失敗しようがないですもんね!

と思って油断してたらつゆが薄いそうめんのつゆでした。一口目の衝撃がすごかった。完食したけどさ!
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
バナーを手作りにしました↓応援クリックはコチラ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングとは?→ブログランキングについての記事
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●


ヘルシンキで、カウチサーフィン最終日という日。

つわりなのに人様の家に押し掛けてしまったさちこたちに
3日間も寝床を提供してくれたホストのジュシーに恩返しをしようと、
日本食を作る事にした。

留学中のケイタ君に聞いたところ、日本食材を扱う店が
ヘルシンキ市内にあるという。

その名も、「Tokyokan(東京館)」
PB079473.jpg
中には米を始め、味噌やインスタント食材、
日本で御馴染みの調味料が一通り揃っていた。

ジュシーに「最終日は私たちがご飯を作るよ!」と持ちかけたところ、
「じゃあ同居人にも声を掛けておくね!」と言われたのだが、

同居人は他6名いる。

とすると、けんちとさちこを含めて、最大8人
一大パーティになりかねない。

気軽に丼ものを作ろうと思ってが、人数次第ではメニュー変更を余儀なくされた。


ージュシー、今日の夕飯は何人来るかな?

朝出かける前にジュシーに尋ねた。

「2人・・・いや4人か5人くらいかなぁ・・・。」

どうやら参加人数がはっきりしないらしい。
日本でもよくある「行けたら行く」の返事が多いんだろう。
※ヨメもこの手の返事をよくする。そして行かない。

ならば大人数になった場合も対応できるようなメニューにしよう。

が、食材を買って余らせるのも勿体ないし、
第一さちこ、キッチンに立つ自信がない。

指示だけ出して、けんちに作ってもらうことになるかもしれない。

けんちが作れて、大人数でも対応できて・・・。

ーあ!あれにしよう!

Tokyokanで食材を見ながら考えた末、
お好み焼きをすることにした。

お好み焼きといえば関西人の十八番である。

最近のけんちは、さちこのつわりの状態が分からないので、
頼めば何でもやってくれる。

キャベツを切っていると代わってくれるし、
焼く役も買って出てくれた。

どうもこのつわりというやつ、油の匂いが駄目らしい。

フライパンに油を引くと、さちこはすぐさまトイレに駆け込む始末。

しかし今日は何枚もお好み焼きを焼くのだ、
その間集まったみんなと楽しくおしゃべりするのだから、
吐いている場合じゃあない。

耐えろ、耐えるんださちこ。

そのうちジュシーも帰って来て、日課のジョギングに出かけた。
この辺りの人はみなよくジョギングをしているようだ。

空いたコンロでみそ汁の味付けをして、
炊きたてご飯でおにぎりを握る。

・・・つらい。

過去こんなに料理が辛かったことはない。

1枚目を焼き始めた頃、ジュシーがジョギングから戻って来た。

ーお帰り〜!

ジュシーがテーブルに座ると、住人が一人また一人と
集まって来た。

ーハロー!

ジュシーの他に、4人が集まった。
中には、今日初めて言葉を交わす人もいる。
PB089479.jpg
席に着いたみんなに、おにぎりとおみそ汁を配る。

みそ汁をいれるのにちょうどいい器がないので、
こっちはマグカップ、こっちはスープ皿とてんでバラバラである。
PB089478.jpg
お好み焼きは2つのフライパンで焼くので、
焼けたものからどんどん食べてもらうことにした。

「このスープ、美味しいね!」

同居人のスウェーデン人女子がおみそ汁を絶賛している。
魚臭いと敬遠されるかと思っていたので、受け入れられて嬉しい。

心配していたさちこのつわりも、梅おにぎりを食べることで
胃のムカムカが解消されていく。

みんなにも、おにぎりと一緒に「ねり梅」を渡して
日本の味を試してもらったが、これも好評だった。

梅が食べられないのはけんちだけ。
PB089481.jpg
結局お好み焼きを6枚も焼いて、
その間たくさん話をした。

内容はフィンランドの税金についてだったり、箸の持ち方だったり、
これまでの旅の話だったり。同年代が集まっているので話しやすい。

そして何より、ィンランド人の英語は上手できれいなのだ。
きれいな英語で日本について質問される。

「あれなんて言うんだっけ、仕事しないで部屋にいる人たち・・・」

ーああ、ニートね!
※ニートは外国人からすると興味津々らしく良く聞かれる。


「日本には、同性愛者はいないって本当?」

ーいるけど少ないと思う、人に言わないから少なく感じるよ。

住人の一人の女子はどうやらレズビアンらしく、
同性愛を堂々と公言する人は日本にはあまりいないと言うと、
驚いていた。

食事会のおかげで、ジュシーや同居人たちとの距離がいっぺんに縮まる。

子供が産まれたらまた3人で来てね!と言われて嬉しかった。

そういえばもう使わないから、と、
たくさんあった生理用品を女性陣に渡して、みんなと別れの挨拶をする。

終始焼きっぱなだったけんちは、最後にひっそりと
お好み焼きを食べていた。今日の功労賞はもちろんオットである。
PB089482.jpg
お疲れ、けんち!

さて、その夜。

ジュシーたちの家には、サウナがある。
フィンランドの多くの家庭にサウナがあるそうで、
家族や友人と週に1〜2度、利用するらしい。

「今日サウナ使おうと思うんだけど、入る?」

ーやりたいやりたい!

図々しくそう言うと快く順番を回してくれた。
PB089486.jpg
みんなが暮らすヘルシンキ市内の家は、立地も良く家賃が50万円ほど。
3階建てで、3フロアに部屋がそれぞれ、そしてバス・トイレが3箇所、
それを複数人で割ってサウナまで使えるのだから、かなりおトクである。

ーこんなシェアハウスで優雅に暮らすのも悪くないね〜。

けんちと一緒にサウナに入りながら、
日本の銭湯を懐かしく思い出す、ヘルシンキ最後の夜だった。

最後まで読んでくれてありがとうございます!
次は国が変わって、ベルギー・友達の家へ居候編です。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





【世界一周中でもお得な買い物!】- フィンランド

2013.11.30 Saturday  
 妊娠報告後、初めて記事を見てくれる人が増えましたので改めて挨拶します、ヨメさちこですこんにちはー!この欄は近況報告としてイラストと共にお伝えしてますが、ブログの本文とは現在2〜3週間ズレがありして、昨晩までけんちとさちこはスペインの友達の家にステイしてました。
夕べはつわりのヨメにも優しい「寿司飯」を用意して、友人のたっての希望『巻き寿司』を作りました!美味しかった楽しかった〜!
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
バナーを手作りにしました↓応援クリックはコチラ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングとは?→ブログランキングについての記事
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

ヘルシンキ生活の目的は、お土産を買うこと。
愛する妹や両親に、友達に。

だって北欧雑貨、みんな大好きだもの。

ただ、値が張るのが難点なのだが。

そんなけんととさちこに朗報である。
どうやら、マリメッコやイッタラのアウトレットがあるらしい。

教えてくれた世界一周中の若夫婦との待ち合わせに、すっかり弟分になった
留学中のケイタくんも着いて来た。

つわりがひどかった翌日である。

さちこ、体調大丈夫かな・・・心配しながら眠ったものの、
朝、起きたらすっかり普通だった。


 ケロッ!!
PB069411.jpg
体調も万全、お買い物へ一直線である。
PB069421.jpg
前日朝までひどい雨が続いていたらしいヘルシンキだったが、
けんちとさちこが出かけるときには、
不思議と雨がぴたっと止むのだ。
PB069423.jpg
「俺らの子は晴れ男女なんやろうね〜。」
PB069446.jpg
母の雨女振りを上回る晴れ赤子っぷり。
お腹の子、恐るべし、である。

待望のマリメッコアウトレットだが、マリメッコはマリメッコ。
アウトレットと言えど高価で、そうそう財布は緩まない。

が、若夫婦嫁は買いっぷりがすごかった。
帰国が決まっている彼らは、自分用も含めたお土産を買うのに
夢中である。

「嫁ね、買い物ね、ホント長いんですよ。」

ポツリと語ったのは若夫婦旦那である。

「もうなんだか申し訳ないんで、先に次行ってて下さい。」

どうやら若夫婦嫁は、ハマると買い物の時間がエンドレスらしい。

じゃあ最後にみんなでマリメッコの社員食堂でご飯を食べようと
併設のレストランで一緒にランチを食べることにした。
PB069428.jpg
社員食堂はマリメッコの食器とテーブルウェアが
所狭しと使われており、食事の内容以上にそれが圧巻だった。
PB069433.jpg
もちろん食事もヘルシーで美味しい。
女性中心の職場だからだろう、サラダがもりもり選べる。

さちこもサラダならドレッシング次第で美味しく食べられるので嬉しい、
けんちもお肉が撮り放題で嬉しい。

社員食堂ビュッフェは約10ユーロ(日本円1400円ほど)
安くはないが、買い物客には大好評である。
もちろん社員はもっと安く食べられるんだろうが、楽し美味しい。

マリメッコ以外にも、イッタラ・アラビアの食器
アウトレットがある場所を教えてもらい、せっせと出かけてみた。

ここでもさちこの体調、絶好調である。
こりゃお腹の子は買い物好きと見た。
PB069460.jpg
落ち着いた店内に所狭しと並ぶ北欧雑貨。
PB069464.jpg
特別ムーミン好きではなかったが、
マグカップからテーブルクロスまで見せつけられるうちに
ムーミンがどんどん可愛く見えて来る。

ーけんち、これ買いたいんだけど。

「おれもそれいいと思ってた。」

最終的にお土産用にと言い訳しながら、まとまった量を購入しそこを後にした。

さて、フィンランドは税金がとっても高い。
食料品で12〜17%、一般的な物で22%の付加価値税がかかる。

フィンランド国民であれば、税金が高くても
それに応じた福利厚生が受けられるからなんてことはないのだが、
旅行にきた日本人には払った税金の救済措置がある。

同じお店で40ユーロ以上の買い物をすると、
TAXリファウンドの制度が利用できる。

購入店と空港で手続きをすれば、16%の税金分が返金されるのだ。

・・・ということも、全て若夫婦嫁から教わったのだが。

そうか、旅行して海外で買い物する人は
こういうシステムを利用していたんか。

というわけで、試しに購入店で手続きをしてみる。
あとはEU圏外へ出国する空港で、レシートと未使用の商品を
見せれば良いらしい。

・・・未使用の商品を、EU最終国の、出国の際に見せる?

食器を抱えて数カ国旅しろと?

とても無理だ。
※実際食器は次の国で再会した友達へのお土産になりました。


TAXリファウンドの制度だけは知ったものの、それが使えるかはまた
別の話であると学んだフィンランドであった。

最後まで読んでくれてありがとうございます!
ひとつ前の記事にも書きましたが、妊娠報告での
メッセージありがとうございました!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





最近のページ  次| 1/3PAGES |前>> 最初のページ>|