カテゴリ

〜初の子育てしてみ〜ひん?〜


旧ブログカテゴリへ

世界一周してみ〜ひん?
↑   ↑   ↑
2013年から1年かけて
夫婦で世界一周に挑戦しました。
旅慣れていないわたしたちの
様子はコチラからどうぞ!



1日1回のクリック
してみ〜ひん?
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周後・体験談へ にほんブログ村 子育てブログへ


〜 カレンダー 〜
(記事の更新日)

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

スポンサーリンク

月別アーカイブ



最近のコメント

【帰る場所を作る旅】- ドイツ

2013.10.25 Friday  
 イギリス・マンチェスターからポーランドへやって来ましたさちこですこんにちはー!ポーランド・クラクフに着いてからは相変わらずの曇天で雨が降ったり止んだりですが、

そうなんですねえ、今日でココもお別れって日に晴れるんですぅ。ってコラ!凹むだろ!
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
バナーを手作りにしました↓応援クリックはコチラ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングとは?→ブログランキングについての記事
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

= 前 回 の あ ら す じ =
ケルンで迎えたサッカー日本代表セルビア戦。
0−2で負けた試合の数時間後、滞在国ドイツの、
しかも滞在地ケルンで、アイルランド戦が始まろうとしていた。

我らがドイツが勝てば2014年W杯の切符を手に入れる。
果たしてー

我らがドイツ?

滞在すると好きになるから人間って不思議だ。
PA126900.JPG
試合開始前に腹ごしらえしようと、
オーリーと一緒にケルン名物のビールが飲めるレストランへ出かけた。
出かけるときもビール片手、がドイツスタイルらしい。
PA126901.JPG
「ビールはともかく、何が食べたい?」

「肉!あ、ソーセージ!」
というわけで、ケルンビールが美味しい店へやって来たのだが、
一風変わった飲み方のケルンビール。

店に入るとすぐ、樽から注いだばかりのビールグラスが丸く並んでいた。
PA126904.JPG
お盆に並べた新しいビールを持った店員さんがフロアを動き回り、
椀子そば方式で、空になったグラスは勝手に交換される。
PA126905.JPG
通常のグラス350mlよりも小さく薄いグラスが特徴的なコップは
ケルン特有のビールグラスで、ビールの口当たりも良く感じる。
PA126909.JPG
量が少ない分、新鮮なうちにくいっと飲み切ってしまうのだ。

「そういえばこういうグラス、雑貨屋で見た!」

「これはケルンならではのビールグラスだからね。」
PA126912.JPG
席に着いたらまずビールを飲んで、オーダーをする。
コースターに線を引いて、飲んだビールを数えるらしい。
PA126913.JPG
ーこれ、どうやったら終わるの?

「コースターに書く場所がなるまで続くよ!」

ーじゃあサッカー始まっちゃうよ!!


言ってる間にソーセージが登場、
マスタードたっぷりのソーセージにはビールが合う!
PA126917.JPG
厚切りベーコンも捨てがたい。
PA126916.JPG
くぅ、薫製天国バンザイ・・・!
PA126919.JPG
こんなに美味しいビールは初めてかもしれない、
ーワンコビールって、た〜のし〜い!!

グラスが小ちゃくて何杯でも飲めそうだが、
このあとサッカー観戦でまたバーに行くのだ、
この辺りでやめておこう。

飲み終わりですよ、という合図はグラスに蓋。
やっぱり椀子そばに似ている。
PA126922.JPG
お店の人も感じが良くって、値段も手頃で美味しい。

みんなが働く姿が、ちゃきちゃきしていて気持ちよかった。
ここで働きたいくらい気に入った。
PA126907.JPG
さて慌てて店を出て急ぎ足で次へ向かう。
はしご酒の目的は、もちろんサッカー観戦である。

通りすがりの店を覗く。どこもここも集まってる!
PA126928.JPG
そしてオーリー行きつけのバーへ。
大きなモニターが店内の壁2箇所に取り付けられ、
みなグラスを手にモニターを見ている。
PA126933.JPG

「あ、もうドイツ1点入れてる!」

オーリーが言う通り、ホームでの試合でドイツが負けるなんて
考えられないし、きっとこのままさらっと勝つんだろう。
PA126934.JPG
日本戦もこうだったらよかったんだけどと
思わずにはいられない。

店内は座る場所はもちろん、立っているのもやっとというほど
人で溢れている。

これだけの人が純粋にサッカーが好きって、
ヨーロッパのサッカー人気は日本とは趣が違う。

けんちは、日本では人ごみの中でサッカーを見るのが嫌いだった。
みんな騒ぎたいだけで、自分はちゃんとサッカーが見たいから、と。
ドイツに来てその意味が分かった。
PA126942.JPG
後半に追加点も入り、ドイツはアイルランドに
悠々と勝った。もちろん、アイルランドも強いんだろう、が、
ドイツの強さ安定感があって、安心して見ていられた。

試合を見届け、ビールを飲み干し、店を後にする。
PA126950.JPG

「ヨーロッパでサッカー見るのはやっぱりおもろい。」

けんちが繰り返し言う。
オーリーも、ドイツが無事勝って満足そう。

かつてサッカーをしていたらしいオーリーが、
サッカー経験者同士でやりたいことがあるらしい。

「次、ちょっと遊べるところに行こう。」

そしてオーリーが向かったのは
PA126952.JPG
人形版サッカーゲーム。
横軸を固定された人形を、ポールを操作して動かし、
シュートを決めるサッカーゲーム
である。

さちこは初めて見たが、けんちは簡易版を
やったことがあるらしい。

「飲みながらやろう、2対1でいいから」

オーリーが対戦をふっかけて来た。

初心者のさちことほぼ初心者のけんちから見ても、
オーリーのうまさは圧倒的だった。

ーこんな単純なゲームに、テクニックがあるんだ・・・!!

なぜか途中からどんどん人が増えて行く。
みな、オーリーに負けず劣らずの巧者である。
PA126958.JPG
けんちもその中に入り、手首の素早いスナップが鍵
だと気付いたらしいが、年季が入ったプレイヤーには叶わない。

新たな対戦相手がやって来て、けんちとさちこは
ただ見てるだけになったけれど、けんちはやたらと魅入っていた。
PA126972.JPG
「みんなグリップの仕方が違うもん、すっげ〜」

前回からずっと言っているが、
男子はみんなサッカーが大好きである。

さて、翌日の早朝にオーリーの家を出発し
オランダへ向かうことにしていたけんちとさちこに、
オーリーがお別れにとプレゼントをくれた。

「この前出場したマラソンの景品で、特別製だよ」

ケルンの地図が書かれた、ビールグラスだった。

か、かわいい!!

グラスにシンプルに描かれたケルンマップが
かわいいグラスで、とても嬉しいプレゼントだった。が、
どんなに可愛くてもグラスである。

ーこれ、割れちゃうかもしれんね・・・。

「うん。」

ー日本に送りたいけど、時間がないね・・・。

「ということは。」

ーオーリー!また来るまで、グラス預かっといて!


というわけで、もらったグラスを取りに戻るという口実で、
ちゃっかり12月、ケルンに戻って来ることにした。

前回滞在させてもらったニュルンベルクにも行くんだし、
どうせなら北欧雑貨も買って、全部まとめて日本へ送ろうと腹をくくった。

「オッケー、じゃあまた!」


オーリーも笑顔で再訪を快諾してたのでよしとしよう。

オーリー、本当にありがとう!12月、また遊ぼうね!
PA126967.JPG
※最後はかっこいい1枚で


最後まで読んでくれてありがとうございます。
ホームステイのおかげでドイツは特別な国になりました!
次回はオランダ編に突入です。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





【男子はみんなアレが大好き】- ドイツ

2013.10.24 Thursday  
 仲良くなった旅夫婦と合流してレンタカー借りて1泊旅行してきましたさちこですこんにちはー!晩ご飯、何作ろうか?って話してたら、なんとカレールーを準備していてくれていて、
IMG_7272.JPG
日本のかレールーを使った美味しいカレーを作っちゃいました!この日の話はまた後日!
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
バナーを手作りにしました↓応援クリックはコチラ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングとは?→ブログランキングについての記事
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

「ケルンで何がしたい?」

ホームステイさせてもらっているオーリーに聞かれた。

ーもちろん、ケルン大聖堂でしょ、それから
オーリーが買い物するようなお店を見て回りたいな!


というわけで、ケルン大聖堂とおしゃれさん御用達の
お買い物スポットを巡る1日がスタートした。

「5時には帰れると思うから、夜一緒に出かけよう!」

オーリーは今日も仕事である。
金曜日のお仕事が早く終わるって羨ましい。
もちろんオーリーも、無職に言われたくないだろうが。

「いってらっしゃ〜い」

オーリーが出かけてからけんちが騒ぎ出した。
「あ、日本代表戦、今日やった。」

対セルビアの国際親善試合がドイツ時間の夕方キックオフらしい。

「親善試合やし、勝つと思うんやけど。」


運が良ければ何とかして見られるかもしれないと
けんちは昼間からそわそわしている。

そういえばオーリーも、今日の夜ドイツのW杯予選だと言っていた。
出場が決定する、大事なアイルランド戦らしい。

なぜ男子はサッカーが大好きなんだろうか。

小降りの雨の中、ケルン大聖堂まで歩いて来たが、
アイルランドチームのサポーターらしき人をチラホラ見かけた。

ーあれ?今日のアイルランド戦どこであると?


実は試合はここ、ケルンで行われるらしい。

じゃあ間違いなく酒場は盛り上がるじゃないか!
お酒とサッカーが絡むとさちこも前のめりである。

夜に備えて早速歩きながらビールを買ってみた。
PA116746.JPG
近頃ビールを開けると「一口ちょうだい」とけんちが手を伸ばす。
けんちのアルコール耐性、旅に出てメキメキ成長中である。
が、飲んですぐ赤くなるのは治っていない。

ーあ、もうすぐそこやん!


ケルン大聖堂の特徴、てっぺんのギザギザがくっきり見えた。
PA116761.JPG
遠く目標としながら歩いて来たものの、目の前に現れた
ケルン大聖堂は思っていた10倍高く、大きく、壮大だった。

まず、大きすぎてフレームに収まらない。
ドーン、と文字をはめ込みたいくらいである。
PA116749.JPG
※やってみた↓

外観は本当に細かい作りで、入り口から凝っている。
PA116763.JPG
門も大きくて、細部を写すと全体が収まらない。
扉も細やかだが、彫刻には遊び心が感じられる。
PA116765.JPG
中に入ると、大聖堂の柱の一つ一つの大きさもかなりのもの。
PA116810.JPG
これまたドーン、と見上げる程大きい。
PA116809.JPG
<参考>柱を抱擁するけんち

入って右側から、ステンドグラスを順繰りに見る。
始まりはキリストの生涯が描かれた、柔らかいタッチだった。
PA116776.JPG
質感がもっちりしていて
いかにも赤ちゃんの肌である。
PA116777.JPG
窓ごとに印象が異なるので、ステンドグラスだけで
たくさん写真を撮ってしまった。
PA116820.JPG
実際にはさちこがアレ撮って!と言って
けんちが撮っているのだが。
PA116846.JPG
熱心にお祈りをしている人もいるので、
中央では三脚が使えない。

ステンドグラスを見ながら、一周する。
PA116849.JPG
大聖堂で写真を撮ったり、祈る人を眺めたりしているうちに
あっという間に2時間以上が経っていた。
PA116803.JPG
お祈りする人たちの数だけ、どんどん増えるろうそくの灯り。
PA116780.JPG
不思議と、飽きないのだ。
PA116802.JPG
これまでの旅で宗教が身近になったから、
宗教画や彫刻のストーリーが想像できるようになった。
PA116811.JPG
ただ綺麗だな、と見とれるものもあるし、
PA116823.JPG
まるでテレビを見ている日曜のパパと子供だね、
とアテレコしながら見ることもあるが。

ーけんち、そろそろ次行こうか、時間なくなる。

オーリーに教えてもらった雑貨屋は、
北欧雑貨の取り扱いもあって大ヒットだった。
PA116854.JPG
旅行中に割れ物を買ったことが未だになかったが、
そろそろ欲しいものが出て来る。だってヨーロッパだもの。
PA116853.JPG

ーねぇけんち、さっきのお皿かわいかったねぇ。


「うん?」

ーねぇけんち、買ってもいい?

「うーん」
PA116823.JPG
※さっきどっかで見た


歩いているうちにケルン駅を通り過ぎ、
目の前に現れた川には『Rhein』と表記があった。
PA116865.JPG
ー『Rhein』って、レヘイン?

「レイ・・・ライン?ライン川?」

ーあら、じゃあこれがライン川?!

社会の教科書のどこかで見たライン川が目の前にある。
ちょっとした感動だ。

ーライン川って、LINE川だと思ってたよ!!

「俺も!」

ライン川に架かる橋のフェンスには、縁結びの鍵がたくさんあった。
PA116868.JPG
たくさん、
PA116879.JPG
たくさん、
PA116869.JPG
たくさん、・・・って
PA116877.JPG
いくらなんでも多すぎないか。

10分に1つ増えているのではないだろうか。絶賛取付中の人もいた。
PA116873.JPG
※よう、お二人さん!お幸せに!雨の中お母さんもご苦労様です。


あっという間に時間は過ぎて、家へ戻るとオーリーはとっくに帰宅していた。

けんちと仲良く日本戦の情報を集めているが、
結果から言うと日本はセルビアに0−2で負けた。
PA116884.JPG
オーリーは日本のFIFAランキングを調べて教えてくれたが、
けんち曰く「ちょっと前からガクンと落ちた」のだそうで
議論は白熱していた。

さて我らが日本は負けてしまったが、
現在3位のドイツの試合はどうなる!
※10月上旬情報

まもなく、ケルンでのアイルランド戦、キックオフ・・・!!

〜続く〜

え?これってサッカーブログ?


最後まで読んでくれてありがとうございます。
前フリの長さには定評がありますが、長過ぎるため
近頃「続く」のパターンが定番になりつつあります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





【写真でもう一度旅をする】- ドイツ

2013.10.22 Tuesday  
 イギリス2つ目の都市、マンチェスターへやってきましたさちこですこんにちはー!近頃けんちに悪い癖がついてしまいまったようで、それを注意して軽くケンカ勃発。

忙しいから仕方ないんだろうけれど、ねぇ。世の中の奥さま方、お宅のダンナさまはどうですか?
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
バナーを手作りにしました↓応援クリックはコチラ!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングとは?→ブログランキングについての記事
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

= 前 回 の あ ら す じ =
ローランドの元を去り、またも旅で出来たドイツ人友達・オリバーを頼って
ケルンへやってきたけんちとさちこ。今度のホームステイはどうなる?


オリバーについて紹介。

アルメニア発イラン行き、陸路の国境越えバスで話しかけて来たのが
オリバー(通称オーリー)だった。
その後も、イラン国内の宿で再会し、お近づきになったわたしたち。


特にけんちとは意気投合し、仕事が通信系で旅好き
そしてサッカー好き共通点だらけだった。

さてケルンである。
PA126986.JPG「自分の家だと思って寛いでね!」

というオーリーの言葉に甘えてやって来たものの、
立て続けに人の家に滞在するのでさちこはちょっと気が引けていた。

ーケルンって言っても大聖堂しか見所は浮かばないし、
2泊すれば十分だよね。

実際、ヨーロッパでの出費をなるだけ抑えるためには、
早めに航空券やバスチケットを取り、宿を決めることが大事である。
2泊した後の予定を細かく決めているので、これ以上も以下もないつもりで
お世話になりにやって来た。

バスを乗り継いでやってきたケルンは、雨の瀬戸際だった。

荷物を転がし、オーリーの住所をiPhoneに入れて家を探す。

便利な世の中になったものだ、初めて行く町なのに
iPhoneの画面を見ながら歩けば辿り着けるなんて。

18歳で都市部へ移り住み、アルバイトをし始めたが
ロッカーで着替えてから現場のドーナツ屋まで
迷子になって辿り着けなかったかつての自分が懐かしい。

※実際にはけんちがiPhoneを見ていて、さちこは地図を読めないのだが。

地図で示されたドアの前に立つ。
ーああ、これだこれ。ピンポーン、いないのかな?
軒下で呼び鈴の返事を待っていると小降りだが雨が降り出して来た。
珍しくわたしたち、ギリギリセーフ。

待つこと10分、オーリーは仕事中だったらしく、
待ち合わせ時間に合わせて自転車を漕いで帰って来た。

雨の中颯爽と自転車で登場なんて、憎い演出である。

「オーーーリーーーィ!」

「ヘイ、二人とも元気だった?」

オーリーは仕事のテンションなので中々にクールである。

これから宿泊するオーリーの一人暮らしの部屋は、
オシャレにまとめられた2LDKだった。

色んなところに地球儀があって、家族との写真や
旅の写真だらけである。
ー本当に旅が好きなんだねぇ!

旅の途中で旅人と出会うんだから、『旅好き』が共通点というのは
当たり前と言えば当たり前なのだが、
そう言えばかつてのけんちの部屋が、同じように地図だらけだった。

趣味が合う二人である。

オシャレで多趣味な彼をそのまま形にしたような、オーリーの
部屋に惚れ惚れしていると、オーリーはまた仕事へ戻るという。

既に日も暮れたケルン、外は変わらず雨が降っている。

家から歩いて行けるケルン大聖堂は明日行くことにして、
近所を散策したあとキッチンを使わせてもらい、
晩ご飯を作ることにした。

外国で、スーパーマーケットを細かく見るのは楽しい。
アジアも楽しかったが、外食が高いヨーロッパは更にお得感がある。

野菜や魚の市場も楽しいが、実はスーパーマーケットの方が好きなヨメ。

ずっしり詰まったお菓子が破格値だったり、
お惣菜コーナーのオリーブ、量り売りで買うか迷ったり、
ジャムやチーズの種類が豊富だったり、
ベーカリーコーナーにはライ麦入りパンが沢山あったり。

更に嬉しいことには、美味しいと噂のケルンの地ビールは
水のような値段で並べられていた。


「ビールでもワインでもいいよ。」

けんちがさちこに選択を任せる。
以前ならビールは夏に飲む飲み物だったがここでは違う。
旅に出て、さちこもけんちも変わったものだ。

さちこはいつでもビールを飲むようになったし、
けんちは好んでお酒を飲むようになった。

ビールを買って、材料の他に朝食べるチーズとパンも選ぶ。
日本で見るチーズとワインが高いのは、関税が高いかららしく、
日本車の関税が高いのと同じ仕組みらしい。


庶民のさちこは関税が下がることを祈る。
いつか日本でも安くて美味しいチーズを食べられるといいんだけれど。
PA116733.JPG
けんちの要望で親子丼を作ったのだが、
果たしてドイツ人に初めて披露する日本食が親子丼とはいかがなものか。

しかもみそ汁のは、長ネギと玉ネギという
ネギ感に溢れている。

加えて、2本一組で買ったネギが余るからネギ焼きも作ろうと作ってみたら
ネギの味噌焼きになってしまった。

しまった、これもかぶっている。が、材料は限られているので仕方ない。

さちこは料理してから色々と杞憂するタイプなのだが、
遅れて帰って来たオーリーにはおおむね好評だった。
PA116734.JPG
「このスープ、何?」

ーミソスープだよ!

「このネギどうやって味付けしたの?」

ーミソとビールと砂糖だよ!
※酒がありませんでした。
・・・使い回しにも程がある。

見ていて気付いたが、部屋での過ごし方も、けんちとオーリーは似ている。

携帯をいじりながらご飯を食べるところとか、
※オットへの嫌味ではありません。
iPadを操作しながらしゃべるところとか。
※オットへの当てつけではありません。

小忙しい男子はこれが基本なんだろう。

ちなみに寝る場所は、オーリーが普段寝室として使っている部屋を
ベッドごと丸々貸してくれた。

こういう風に客人を招ける家を、いつか自分も持ちたいものだ。

部屋で自己主張が出来るって、いい。
部屋に招いた人には完全に心を開いて、自分の内側を見せることになる。

ーこれはどこで撮った写真?

「中国の、バスの中だよ。」

バスに点々と座る中国人を、膝の高さから撮った写真があった。
人によって、シャッターを切るポイントが違うことも、
その人の興味を知る足がかりになって手がかりになる。

日本人は構図がうまいらしいけど、それは昔から
直角と平行の概念を教育されてきたから。
そして美しく配置された建物や部屋を日常的に見ているからだと言う。

予想外のアングルで見慣れた風景を切り取る人の写真を見るのは、
同じ場所を旅していても見覚えがなくて楽しい。


新しく出来たばかりの友達の家で、これからの予定、
そして明日の予定を立てながら何杯もお茶を飲んだ。

一緒にいて居心地がいい人は、
どんなタイミングで出会っても分かるものだ。
急速に距離を縮めながら、オーリーとの最初の夜はあっという間に更けて行った。


最後まで読んでくれてありがとうございます〜。
ケルン編、今のところ旅行記になってないですが
続きます。次回は大聖堂が登場するはず!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





最近のページ  次| 1/3PAGES |前>> 最初のページ>|