カテゴリ

〜初の子育てしてみ〜ひん?〜


旧ブログカテゴリへ

世界一周してみ〜ひん?
↑   ↑   ↑
2013年から1年かけて
夫婦で世界一周に挑戦しました。
旅慣れていないわたしたちの
様子はコチラからどうぞ!



1日1回のクリック
してみ〜ひん?
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周後・体験談へ にほんブログ村 子育てブログへ


〜 カレンダー 〜
(記事の更新日)

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

スポンサーリンク

月別アーカイブ



最近のコメント

【求めずに与える。最後の日に知った、旅の極意。】- インド

2013.07.08 Monday  
 インドからドバイまでの飛行機が、AM3時発ってどういうことですかさちこですこんばんはー!インドで出来た友達が別れ際に「この時間に行くと空港で15時間待つことになるけど本当に行くのか」と言われた意味が分かりました。実際空港の椅子は固くて辛かったです。みんなはもっと当たり前の時間に乗ろうね!
***************************
ブログを開いてくれて、ありがとうございます!
世界一周ブログランキングへ参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ← 1日1クリックで応援お願いします!
世界一周 ブログランキング ← 携帯・スマホの方はコチラ
ブログランキングについての記事 ← ブログランキングって何?という方はこちら
***************************
今日でインドを去る、というときに、
出来過ぎだと思うけれど、
自分を省みるきっかけをくれる、
小さな出来事が起こった。
P7056940.JPG

自分が相手のために行動したら、次は相手が自分に優しくしてくれた。
その相手が、嫌いだったはずのインド人だった。


たったそれだけ。

だけど、相手が変わったことが、嬉しかった。

インドに来て、自分から
人に何かを与えたことがあっただろうか。

P6235927.JPG
笑顔での挨拶、握手を求めること、
笑わせるようなジョーク。
インド以外では、考えずともやっていたことを。

インドが嫌いだと、来る前から思っていた。

きっかけを細かく言うと、
インドで起こった、女性への暴力事件がきっかけだった。

その背景にある、ヒンドゥー教の宗教観と、
カースト制から生まれた人種差別の風潮

実際の人々を知らずして、インドに対して
「理解できない」
と判断をしていた。

そして今回のインド滞在は、
「インドは理解できない、ということの確認」
ばかりをしていた。

わたしたちが接するのは、他の国と同じく
宿やレストラン、土産物屋やドライバーという
接客業の人ばかりである。

他の国と比べて敢えて違いをあげるとすれば、
お金、お金とうるさい、ということ。

こちらへ近寄り話しかける第一声が
「それいくらで買ったの?」
だったり、
「お金をくれ、ペンをくれ」
だったりする。

それは本当に嫌だった。

インド人につけ込まれることを拒み、
全然、心を開かずにいた。


それが人を寄せ付けない原因であるのは、
初日から分かっていた。


分かっているようで実際に芯から理解できたのは、
滞在して10日を過ぎる頃だった。

わたしと真逆に、インドが好きで、
インドだけでなく、人が大好きな女性に出会った。

IMG_4589.JPG

彼女は、人に与えることが好きだった。

与えると言っても、物乞いにお金をあげることではない。

自分に出来ることがあれば自分から動き、
人が近づけば手を伸ばし、握手をし、名前を聞く。
そして子供の物売りには「これを買う代わりに学校へ行きなさい」
と言うのだ。

P7046904.JPG
数日、行動を共にし、
彼女の行動力、包容力に驚いた。

例えば欧米人旅行者がただ大勢で集まっているような中にも、
タバコやアルコール好きな、距離を置きたいような旅人もいる。
その人に対しても、決して線を引かず、輪に入れる。

誰かの生き方を批判するような行動は一切しない。


ただ、見極める。見極めて、
距離をきちんと保って接する。



一度、彼女が手持ちの糸でミサンガを編んでいるのを見た。
知り合ったインドの女性へのプレゼントだと思われた。

P7056923.JPG

そしてわたしたちにとってのインド最終日前日、
彼女は同じように糸を選んで、
さよならの時に、出来上がったそれを左手に結んでくれた。

P7056922.JPG

彼女の、与える姿勢はなんだろう。

見返りを求めていないように見えるが、
彼女が誰かに心を開くと、その誰かが
みるみる、態度を柔らかくする。

P7056924.JPG
ツーリストへの接し方と思えないくらい
近づいて来た人が親切になる。

例えばお金にうるさいリクシャドライバーが、
家の庭で取れたパパイヤを、宿まで届けてくれたりする。

警察官だった彼女から見習うべきことは、
人を見極めるすべかと思って、尋ねた。

スペイン人の彼女と英語でやり取りをするので、
100%彼女が言うことを理解できてはいない。

「目を見ること。構えすぎないこと。断る時はノーときっぱり言うこと。」

どこかで聞いたことがあるようなことなのに、
わたしは未だに実行できていない。
P7056941.JPG
そして、彼女が言うと、それがどれだけ大変なことで、
重要なことか、言葉が自分の中に入った後で
熱を持つような、実感があった。
P7056942.JPG
目を見ること。
先入観や思い込みでなく、相手をちゃんと見て、判断すること。

構えすぎないこと。
肩に力が入るとろくなことがない。頭痛になったり、人を遠ざけたり。

断る時はノーときっぱり言うこと。
曖昧にせず、流されず、自分が嫌という気持ちに従う。

インド最終日、さちこから優しく接したインド人が、
今度は逆に優しくなったときに、

彼女の話を聞いてわかったつもりでも、
あぁ、今まで本当には認めていなかったと思った。

人の内側に入りたいのに、
待ってばかりだった自分を思い知らされた。

P7056945.JPG彼女に出会えたのは、インドに来たから。

誰が、彼女をわたしに引き合わせてくれたんだろう、
と不思議に思うほど、
彼女とインドで出会うことが必然だった。


P7056947.JPG

インドに来て、さちこがずっとひどい顔をしていたから、
そして彼女はそういう性格だから、
たくさん自分の内側にあるものを注いでくれた。


まずは、慣れることが大事だと彼女は言った。
急に見極めることは難しいと。

心を開くこと、開いて傷ついたり間違ったり、
慣れて、インドへの気持ちが開けるようになったら、
また来よう。

バイバイ、インド!!

IMG_6252.JPG
とはいえ、インドを去る直前。
15時間空港待機で疲れ果てながらも満面の笑み。


最後までブログを読んでもらってありがとうございます。
今日は真面目です、真面目に応援のクリックもお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 





【インドよ、不安を煽ってどうする!】- インド

2013.07.07 Sunday  
 ブログを書くにあたって「ヨメさちこ』と表現していますが実は本名はさちえです、こんにちはー!オットですらさちこと呼びますのでこれからもさちことして生きて行こうと思います。外国人から「ワッチュアネーム?」と聞かれて「サチデス」と言ってしまう癖が抜けず「SACHI-DEATH(デス=死)!」と勘違いされちゃいますので皆さんは自己紹介の際にデスって言わないように。
***************************
今日もブログを読んでもらってありがとうございます!
世界一周ブログランキングへ参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ← 1日1クリックで応援お願いします!
世界一周 ブログランキング ← 携帯・スマホの方はコチラ
ブログランキングについての記事 ← ブログランキングって何?という方はこちら
***************************
インドでさちこを不安がらせたこと。

インドの部屋やトイレの個室など、
鍵を掛ける場所が圧倒的に多いということ。

さちことけんちが最初に上陸した地
チェンナイ国際空港のトイレでの話である。
IMG_6237.JPG
国際空港らしく洋式トイレに腰を据える。
ふと、ドアの上を見た。
IMG_6238.JPG
160cmのヨメでも手が届かない位置に
もう一つの鍵を発見した。
IMG_6239.jpg
え?あの鍵、いる?

というよりも、

トイレの個室に施錠が2箇所もいる、
インドってどういう国なの!!

そして場面は変わって、初日の滞在先『YWCA』へ到着した。

入り口ドアに3箇所、窓1枚につき3箇所、
クローゼットのドアやトイレ内側・そしてトイレ外側など、
やたら目につく、鍵、鍵。

稼働する板という板に鍵が付いてる、
インドってどういう国なのよ!!


一応はホテルだからかと思っていたけれど、
逆にコチラが心配する程の多さ。

仲良しのインターネットさん
によると、
『・・・インドの般家庭では、たくさんの使用人が出入りする。
魔が差して盗みを働く、またはそれ以上のことをする、
ということがありうるので、それを防ぐ為に、
冷蔵庫にですら鍵をする』
らしい。

部屋に侵入し、それ以上のこと・・・?

その夜、オットが寝静まってさちこに触れた。

ときおり訪れる夫婦の甘い瞬間に、
よりによってそのことを思い出し、

「鍵締めてないかもしれない!!」
大騒ぎをしてしまうのも頷ける。


続いてインドで驚かされたこと。

リクシャとは、運転席+後ろに2人(詰めて3人)
乗るものだと思っていた。
そんなさちこに衝撃を与えた、ある日の光景である。

普段通り、運転手が客を拾う。
客は女性3名のようで、小柄ではない女性含めて
3人が後部座席に乗りこんだ。P6266004.JPG

まだ発車しないリクシャの後部座席をよく見ると、
後部座席だけで4人乗ろうとしていた。
P6266005.JPG
そこへ、おじさんが2人、近づいて来た。
まさか、と思っていたら、先ほど限界と思われた
後部座席に、新たなメンバーを加えていた。
安倍なつみだけで十分な勢いのモーニング娘。に
後藤真希の参入である。いくらなんでもネタが古すぎる。

後部座席に5人、そして
ひとり用だと思っていたの運転席へ、乗客が乗った。
運転手の左へひとり、
P6266006.JPG
まさかの右からもひとり、
まさかが重なり運転席3人である。

そうする間にも、後部座席に先ほどまでいなかった
黄色いサリーを着た女性が増えていた。


後部座席にはひとりの膝にそれぞれ人や物を載せているらしく
詰め込み過ぎて人数カウントももはや不可である。
P6266007.JPG
ちなみに、わたしたち外国人が4人で乗ろうとすると、
「警察に捕まるからダメー」
といわれた。

「てめぇこのやろこの前こういう画見たんだぞ!!」

って言いたいところをぐっと堪えたさちこ。
インディアン、嘘、つく。

インドって、鍵もリクシャもいっぱいいっぱい、
さちこはそれで、いっぱいいっぱいってことで
お後がよろしいようで。
(後から自分が恥ずかしくなるで、とけんちからのツッコミ)

最後まで見てもらってありがとうございました!
インディアン嘘つかない、は、妹に言われるまで忘れてました。
嘘つくじゃん、インド人!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ 





【インドから逃げない覚悟、ぬるま湯からの脱却】- インド

2013.07.07 Sunday  
 インド最後の地を離れる前に、ブログを立て続けに書き続けていますさちこですおはようございます!この挨拶文も、実際の投稿のタイミングとズレるので、「なぜ最近のさちこは夜におはようと言うのか」という疑問も当然あるかと思いますがそれは大体そういう理由で日本の挨拶の仕組みを忘れたわけではもちろんない。あ、七夕ですね!二人揃って無事に日本に帰れますように・・・☆
***************************
今日もブログを読んでもらってありがとうございます!
世界一周ブログランキングへ参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ← 1日1クリックで応援お願いします!
世界一周 ブログランキング ← 携帯・スマホの方はコチラ
ブログランキングについての記事 ← ブログランキングって何?という方はこちら
***************************
インドで唯一居心地がよかった、ハンピを離れることにした。

インド都市部の喧噪を離れて、居心地が良い町、ハンピ・・・。
P7016848.JPG
たくさんの日本人旅行人をして
「インドで一番ハンピがすき」と言わしめる町、ハンピ・・・。

P7016849.JPG
あら、ってことはやっぱり

日本人って、結局

インド好きじゃないんじゃない?

久しぶりに日本人が2人同じ宿に泊まっていたので、
嬉し過ぎて夜中に確保。他の世界一周人と話が出来てとても嬉しかった。
彼らも同じ日、別の地へ向けて旅立って行った。
すぐるさん、あきらさん、さよなら!インドに負けないでね!

そう、ハンピは全くインドらしくないのだ。
英語で表現するとオポジットサイド、真逆、である。

P7026853.JPGさちこの1週間連続頭痛記録が止まったのは、
ここハンピへ来てから3日目だった。

ハンピへ来た甲斐もあるってものだ。

P7026856.JPG
ただ、次またハンピへ来ようと思ったら
その前に頭痛が発生してしまうので
二度と来ることはないだろう。

P7026857.JPG
ハンピには数軒レストランがあり、
そのほとんどは旅行者のたまり場になっている。

そこへ出かけて、今日一日の話をする。

いやでも英語を話して、英語を聞くことになる。

インドだから、物価も安い。


ここにいる限り、嫌な目にあうことは、そうそうないだろう。

もう、ここで世界一周インド編の思い出を
締めくくろうと思っていた。

状況が変わったきっかけは、仲良くなった友達が、
「他にもいいところがあるから一緒に行こう」
と誘って来たから。
P7026874.JPGインド脱出の際利用するチェンナイ国際空港から
そう遠くはないので行っても構わないん
だが、
P7026879.JPG
インド内移動、疲れることは必至。
P7026861.JPG
疲れるから行かない、ってずっと
守りの体勢に入ってばっかりでいるのか。

最後に一回だけ、攻めるみるか。

・・・絶対疲れるだろうけど!!

そしてその予想通り、

寝台列車では夫婦揃って風邪を引き、

P7026864.jpg
乗り換えたバスでは
バスの乗務員+乗客を相手どって
もめ事を起こす
など、

P7026884.JPG
移動はロクでもないものになった。
もめ事については思う所あるので、
インド総括として触れることもあるかもしれません。


それでも、22時間かけてビーチへやって来た。

P7026885.JPG
さすがインドのビーチ、やはり海には
がいた。

P7046908.JPG
ビーチの面積も僅かではあるけれど、
波は高く泳ぐには適してないのかもしれないけれど、

P7046893.JPG
この周辺のインド人達は、ハンピのインド人同様、
さほどガツガツせず、親しみやすい人が多い。

もしかすると、こんな風に居心地がよい場所が
インドにはたくさんあるのかも知れない。


インドが合わないからと国外逃亡ばかりを考え、
インドの中に自分に合う場所があるかも、なんて、
さちこはこれまで考えようともしていなかった。

P7046890.JPG
ただ、到着して2泊するも、この町の名前を、
いまだヨメは分かっていない。


最後まで読んでくれてありがとうございます!
場所の詳細は誰かに聞きます。
応援クリック、いつもありがとうございまーす!





最近のページ  次| 1/5PAGES |前>> 最初のページ>|