カテゴリ

〜初の子育てしてみ〜ひん?〜


旧ブログカテゴリへ

世界一周してみ〜ひん?
↑   ↑   ↑
2013年から1年かけて
夫婦で世界一周に挑戦しました。
旅慣れていないわたしたちの
様子はコチラからどうぞ!



1日1回のクリック
してみ〜ひん?
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周後・体験談へ にほんブログ村 子育てブログへ


〜 カレンダー 〜
(記事の更新日)

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

スポンサーリンク

月別アーカイブ



最近のコメント

【誰だ、カンボジアにはうまいものないって言ったのは!】- カンボジア

2013.04.02 Tuesday  
あるよ!ちゃんと美味しいものあるよ!

タイとベトナムに囲まれているせいで、評価が低そうですが、
笑顔でテーブルへ置かれるごはんは美味しいんだ!
と再認識させられたよ、カンボジアごはん!

カンボジアカレー(チキン)
DSC03338.JPG
遺跡を回って疲れた旅行客へ、客引きのおばちゃんが
妖しく近寄る。彼女のやり方はこうだ。
「お飲物は?」と声をかけながら、体を寄せメニューを開く。
「コレ6$・・・でもアナタにはスペシャルプライス・・・4$」
騙されたつもりで頼むと案外美味しいという
わけがわからない遺跡の食事処。
是非お立寄ください。

プノンペン中華料理屋の 冷麺
DSC03034.JPG
カンボジアは暑い。盆地だから暑い。
すごく暑い中で日本人が欲するものは
キーンと冷えたそうめん(出身は長崎の島原ですが何か)、
だがそんなものはないと諦めていたところへ登場するのが
噛み切れる程よいもっちり感の麺を主役に
器なみなみにスープが盛られた朝鮮冷麺。
今までで一番美味しい冷麺。だがそうめんも食べたい。


シェムリアップのハッピーピザ
DSC03051.JPG
シェムリアップに来る前から聞いていたうわさ話、
シェムリアップには食べるとハッピーになる材料が入った、
ハッピーピザがあるという。
店名ズバリがハッピーピザの店で頼んだクワトロチーズピザ。
う、うまい・・・!とろけるチーズなんてここ数ヶ月食べてない。
ハッピーになる何かが入っているとしたら、それはただの
愛だよ、愛。もしくはブルーチーズ。
(注:麻薬的な成分は入っていませんでしたのでご安心を)

フルーツシェイク
なんということでしょう!黄色のシャツを着た
若いおばちゃんが早業で作るシェイクは、本当に美味しいのです。
注文毎に手際よくフルーツをカットし、練乳を加え
バランスよく味を整える。甘すぎず、ドリアンすぎず。
ノードリアンと毎回伝えて作ってもらうミックスシェイクは、
キングオブシェイク(ドリアン抜き)
うま過ぎて毎日飲んだにも関わらずなんと写真1枚もなし。


おまけ、タソムゲストハウスで毎朝食べていた朝食。
IMG_5459.JPG
カットしたパイナップルとバナナ、紅茶かコーヒー付き!
ヌードルは重いよ、って人は、軽く焼いたバケットと卵料理も選べちゃいます。
朝ご飯を食べるという目標があれば、けんちだって8時起床が可能!
みんなも朝ご飯は食べようね!


カンボジアの食事が好きになった?本当に?日本の方が好きなくせに!
そうめんが食べれる幸せを当たり前だと思っていたよ!
ランキング参加しております、クリックすると投票になります。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





【アンコールワットに日本人が多い理由】 - カンボジア

2013.03.31 Sunday  
リアルタイムはタイ バンコクです!
昨日バンコクに来たのですが、ちょっとカンボジアについて書いてみます。

アンコールワットはいまや知らない人はいないというほど有名になりましたが
実際行ってみると日本人の多さに驚きます

その一番の理由は僕が思うに
人の感覚が日本人に似ているからじゃないかなと思っています。

コチラのアクションに対して、
今までの東南アジアの国ではなかったリアクションが返ってきます。

例えば、ベトナムでもカンボジアでもトゥクトゥクのおじさん達は
ひっきりなしに客引きしてきます。
ただ違うのが断ったあとの反応や、そのひつこさ。

ベトナムはとにかくひつこく声をかけてきます。
もちろん仕事なので立派な事だとは思うのですが、ときにイラッときます。

カンボジアは引き際が早い!そして断ったあともなぜか笑顔なんです!
商売としては甘いのかもしれないけど、やはり好感がもてるのはカンボジア
その笑顔を持っている感覚が日本に近いものを感じる。

DSC03041.JPG
値切り交渉の末乗ったトゥクトゥクのおじさん
値段はなっとくいかなくても笑顔

他にもお店でも店員さんはカンボジアではコチラが笑顔を投げかけると
しっかり返してくれる。日本と同じで愛想笑いを持ってるんですw

P3281968.JPG
何度か行った鍋&BBQ屋さんのおじさん
仲良くなって最終的には仕事そっちのけで肉やいてくれてました


そしてその笑顔がみんな優しくて癒される。


IMG_3479.jpg
トゥクトゥク乗りのキエット
何回か乗せてもらったけどめっちゃ良い奴!

微笑みの国タイとはよく聞きましたが、
それ以上に笑顔の国はガンボジアです。

あとシャイなのも日本によく似てます。

そんな環境が日本人には居心地が良くて多くの人たちが遊びに来るんですね。

だって食べ物は特にコレと言ったカンボジア料理は思いつかないし、
観光と言えばアンコールワット遺跡群ぐらいしかない。
やはり人の良さもあってこそのこの人気。

停電の多い点が気になるがw
そんなインフラ整備が進めばきっとカンボジアはもっと発展していくんじゃないでしょうか。
これからのカンボジアに注目です!


読んで頂いて有り難うございます。
ブログランキングに参加してます!
見て頂いた方はクリックお願いしま〜す
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村





【心残りがないように、もう一度!】- カンボジア

2013.03.31 Sunday  
 眠れないそのわけは、カオサン通りが噂以上にやかましいから、さちこですおはようございます。こ、これは・・・ほんとうに部屋にいても音楽がだだ入ってくるー!今日タイへ着いたばかりですが、のっけから都会っぷりにやられております。
**************************

P3281837.jpg

3日券を案外持て余してしまって、最終日の今日は贅沢に、夕日を見る為だけに
プレループへ行こうか、という話をしていた。
けれど、人生でアンコールワットへ行く機会がまたあるとは思えなかったので、
昼から出かけて、アンコールワットへもう一回行く事にした。


数日前と違い、かなり空いているアンコールワット。
よく考えたら以前来たときは週末だったんだ。週末はお隣タイやベトナムからの
観光客も多いんだとか。

森から吹いてくる風が健やかな感じがするらしく、けんちは風を食べていた。
いつもそうなら食費が浮いて助かる

P3281852.JPG
風食べ放題

結局2時間近くをそこで過ごして、昨日から一日1ドルで借りている
ママチャリで移動する。
アンコールワットからプレループへの道のりは、道路が舗装されていて
思ったよりお尻も痛くない。

P3281920.JPG

この前は東メボンをプレループだと思って鑑賞していたけれど、
今度はさすがにちゃんと来れた。

ここは死んだ後の火葬が行われていた場所らしい。意外と物売りが多い。

P3281924.JPG

同じように夕日を待つ日本人の大学生と会話して、あっという間に夕日の時刻、17時50分。
いつまで待っても、太陽は広く地平線を塞ぐ雲に隠れたままで見えそうにない。

P3281945.JPG

あきらめがいい大学生の矢口くんが立ち去るときに、わたしたちも諦めることにした。
天気次第ってやつは難しい。

P3281959.JPG

帰り道、自転車を漕ぎながらアンコールワットを囲む池沿いに走っていたら、
にわかに空が赤くなった。

あっという間に、空を映した池も巻き込んで、西の方角が真っ赤に染まる。

P3281960.JPG

これも遺跡の夕焼けだね、と満足し、腹ぺこのまま自転車を漕ぐこと1時間で
町へ戻ってきた。

道すがら、晩ご飯は何度か行った地元のカンボジア鍋の店へ行こう!と決めていたので
そこへ向かう。と、店へ着いたけれど辺りは真っ暗。
元々街灯が少ないこの地域、店の明かりがないと店の場所もよくわからない。

閉まってるのかな?と中をうかがうと、・・・テーブルで食事をしている人が見える。
なんと、また停電か!
開いているなら停電でもいいや、入っちゃえ、とお店へ。
外国人価格にしないでね!値段知ってるんだからね!と、店の人へ愛想を振りまく。

たった1本のろうそくの明かりで焼き肉鍋をしたのだけれど、
肉が焼けているのかわかりづらい。
うーん、そういえば屋外BBQってこんな感じだったなぁ!

それでも食べていると、電気が戻った。

P3281969.JPG
風ではお腹いっぱいにならなかったけんちが肉を食らう
英語が話せないお店のおっちゃんが、テーブルにつきっきりで世話を焼いてくれた。
話せないなりに、こちらも笑顔でコミュニケーションを図る。
おっちゃんは、あっちは奥さんであれは僕の息子だ、と指差して教えてくれる。

P3281968.JPG

言葉がわからなくても、わたしたちへ心を開いてくれるおっちゃんが嬉しかった。
けれど、おっちゃんニコニコしながら独断で肉の3度目の追加をしたにも関わらず
ちゃっかり会計に入れていた。

こらこらおっちゃーん!しかし憎めないんだなー、カンボジア人。






最近のページ  次| 1/5PAGES |前>> 最初のページ>|